サービス・料金表

Service & Price


MaxGauge

MaxGauge

1.課題

MaxGauge はデータベースパフォーマンス監視ツールです。
以下のような課題に対してご活用いただけます。

・データベースのパフォーマンス劣化の兆候をつかみたい
・調査のスピードアップ、問題解決アプローチを効率化したい
・インフラチームと開発チームの効率的な連携をしたい


2.概要

データベース、OSなどの基盤レイヤーの稼働情報を網羅的に収集し、適切な情報を提供し可視化するデータベースパフォーマンス監視ツールです。
データベース管理者の生産性向上に役立ちます。


3.特徴

・Oracleデータベースの稼働状況を、セッション単位、SQL単位など細かく監視可能
・詳細なデータをリアルタイムと事後で把握可能
・SGAダイレクトアクセスでデータベースに負荷をかけずに情報を収集
・問題点が簡単に確認でき、原因の切り分けが容易


4.機能


リアルタイム分析機能 ・リアルタイム指標監視
・セッション詳細分析
・実行SQL、実行計画、トラッキング
・長時間SQLピックアップ
・ユーザー画面カスタマイズ機能
アラート機能 ・指標監視(OS、STAT、EVENT)
・アラートログ監視
・表領域監視
事後分析機能 ・1Dayサマリー分析
・ホットスポット分析
・データパス分析
・キャパシティ分析
・モジュール比較分析
・SQL分析
・セッション詳細分析
・処理トップ分析(SQL、スキーマ、プログラム、モジュール)
・セッション履歴分析
・SQL履歴分析


5.システム要件


Terget
CPU使用率(平均):0~3%、ターゲットインスタンス毎
物理メモリ(平均):1GB以下(通常 300MB程度)、ターゲットインスタンス毎
ディスク容量:1GB(DB稼動ログの一時保存最大量)+100MB(セットアップ資材、各種運用ログ)、ターゲットインスタンス毎
MaxGauge専用のOSユーザー:ターゲットインスタンス毎(推奨)
MaxGauge専用のDBユーザー:ターゲットデータベース毎
MaxGauge専用のネットワークポート:1個(デフォルト:5080→変更可)、ターゲットインスタンス毎

※ MaxGaugeサーバーとDBサーバー間SQL*NET通信用として既存ポート( デフォルト:1521)を使用
MaxGauge Server
CPU:4コア以上
メモリ:8GB(デフォルト)以上、16GB以上推奨
ディスク領域:30GB(1GB/1日/インスタンス:デフォルト:30日保存設定)
ネットワークポート(変更可):8080(WAS用)、7000~n個(DataGather用)
ネットワークポート:5432(SQL実行用、変更可)
MaxGaugeクライアント
CPU:2コア以上(推奨)
メモリ:1GB以上(推奨)

6.構成例

構成例


7.価格


Edition 種類 定価(※1)
パッケージライセンス MaxGauge for Oracle ¥1,200,000~(消費税別途)
MaxGauge for SQL Server ¥800,000~(消費税別途)
MaxGauge for MySQL ¥600,000~(消費税別途)
MaxGauge for Java ¥800,000~(消費税別途)
サブスクリプションライセンス 3か月間 ¥250,000~(消費税別途)
タームライセンス 月額 ¥50,000~(消費税別途)

8.コーソルの特長

MaxGauge の導入、設定、活用方法のご提案まで幅広く対応できます。
製品を導入した後の"運用"に主眼を置き、ご提案いたします。




コーソルへのお問い合わせはこちらから