サービス・料金表

Service & Price


SharePlex

SharePlex

1.課題

SharePlex はデータベースレプリケーションツールです。
以下のような課題に対してご活用いただけます。

・HW リプレース、SW の EOSL に伴う DB 移行を最小限のダウンタイムで実施したい
・災害サイトの新規増設を本番環境に負荷をかけることなく実現したい
・さまざまな DB に散在しているデータの集約をリアルタイムで実現したい
・リアルタイムBI分析用のレプリカ DB の構築をしたい


2.概要

OracleとSQL Serverをソースとして、リアルタイムでの変更データ同期を高速に行えるツールです。


3.特徴

・洗練されたCUIによる豊富な管理機能、標準バンドルされたGUIによる統合的な監視通知
・エージェント導入による大容量のトランザクションの高速レプリケーションと、細かいチューニング対応
少ないトランザクションや、PaaS環境に対してはエージェントレスによる動作も可能(Oracle対応のみ)
・コミット前変更データをリアルタイム同期することでバッチ処理のデータ同期の遅延が極小
・ノード間でのデータ整合性を比較および修復できる機能を標準搭載


4.機能

COPY ・レプリケーションとシームレスに連携する対象テーブルの初期同期
リアルタイムCDC ・ソースデータベースからの変更データの取得とターゲットへの反映高速かつ最適化されたデータ入出力
・変更データはデータベースログから取得、データ反映はターゲットに最適化
DDLレプリケーション ・テーブルレベルのDDL(CREATE/DROP/ALTER/TRUNCATE)をターゲットに反映
・設定の変更により、広範囲なDDLのターゲットへの反映をサポート
データのフィルタ及び変換 ・テーブル・カラムの選択、カラムの追加、マッピング、名前の変換、データフィルタ、データ変換が実現可能
双方向レプリケーション ・複数データベース間での更新データの相互反映・同期
データ整合性 ・データベースおよびレプリケーション稼働状態で、オンラインでのデータ比較およびデータ修復を標準機能として実装
稼働状況のリアルタイムモニタ機能 ・モニタリングおよび通知を実現するSharePlex Managerが標準バンドル
・エラー/処理遅延/リソース障害を設定条件に従い自動的に検知し通知
・通知先:メール送信、イベントログ出力、モニタ画面への表示

可用性
・高可用性/ディザスタリカバリ
・移行、パッチ、アップグレード
・アクティブ-アクティブ/負荷バランシング
拡張性
・運用レポートの作成/アーカイブ
・データ分散/分散処理
・仲介システムによるカスケード化
統合
・データ統合/データウェアハウス
・変更履歴/メタデータレポジトリ
・レポート作成の一元化/統合

5.システム要件


プラットフォーム
UNIX
Linux
Windows
メモリ
1GB以上
SharePlex1プロセスあたり256 MBが必要
ソース環境
Oracle
SQL Server
ターゲット環境
Oracle(ソース)の場合: Oracle、Microsoft SQL Server、MySQL、Fujitsu Postgres、SAP ASE、SAP HANA、Teradata、EDB Postgres Advanced Server、JMSキュー、SQLファイルおよびXMLファイル
SQL Server(ソース)の場合: SQL Server(オンプレミス)、SQL Server in Azure、Oracle

※システムおよびデータベースに関するその他の要件については、プラットフォーム別のインストール前チェックリストを参照してください。
※Oracleからのレプリケーション、移行、またはデータ統合については、こちらをご覧ください

6.構成例

構成例


7.価格

レプリケーション用の永続ライセンス、移行用途のタームライセンスがございます。
GoldenGate より価格を抑えたいという方はぜひお問い合わせください。


8.コーソルの特長

Oracleの機能を使った解決策から、サードパーティ製品を使用した解決策まで幅広く対応できます。
製品検討からライセンスの販売、サービス提供までご相談頂けますし、サービス提供のみも可能です。
製品ベンダー視点ではなく、お客様視点で問題を解決します。




コーソルへのお問い合わせはこちらから