事例紹介

RSS

楽天証券株式会社様(Oracle Exadata の24365リモートDBAサービス)

楽天証券株式会社
日本初のオンライン専業証券としてサービスを開始した、楽天グループのインターネット証券会社で、口座数は200万を超える業界大手の一角。日本で初めて個人向けにリアルタイムで自動更新する株価を配信するトレーディングツールをリリースするなど、常にお客様の立場に立ったサービスを提供している。
Oracle Database 10g で稼働している社内システムが高負荷であったため、現状診断を実施。その結果、新しいバージョンへのアップグレードを採用することとなり、 データ移行を実施した。

プロジェクト概要

  • Oracle Exadata の24365リモートDBAサービス

--- まずは、今回のプロジェクト概要と、それらの作業をご依頼いただけた背景を改めてお聞かせください。
どのような課題をお持ちでしたか?

楽天証券株式会社
IT本部 インフラサービス部
部長
大石 忠洋 様

大石様 : 品質強化を目的として既存環境の夜間・休日の運用について見直しを行う必要がありました。課題を洗い出し、以下が実現可能なパートナーを探していたところ、コーソル社からの提案があり、採用を決定しました。

・Oracle ExadataのHW/SWを一元監視
・監視だけではなく問題への対処までを実施
・夜間・休日の定期作業の実施
・ログの収集から調査までを実施
・初期調査のスピードアップ(現在の状況を素早く確認)

CSC概要図

--- 今回のご支援は、御社の課題解決に繋がったでしょうか?
また、御社に対して、どのような価値をご提供できたでしょうか?

大石様 : 単なる監視ではなく、定期作業の引き渡しができたことはとても助かっています。
これまでは休日にDBAが出勤する必要がありましたが、定期作業をリモートで対応してくれるので限られたDBAのリソースをより有効に活用できるようになりました。

--- 今後のリモートDBAに期待することは何でしょうか?

大石様 : リモート監視と現場のDBAで役割の違いがあると思っており、サービス停止に繋がるようなクリティカルな問題は現場のDBAで対処し、それ以外のものをリモートで対応するという形がよいと思います。今後は夜間・休日だけではなく、日中帯もお任せすることができたり、 欲を言えば、現場のDBA全員がフルタイムで現場にいる必要がなくなるような現場のDBAを代替できるリモートDBAであるとうれしいですね。

本プロジェクト担当エンジニアより

対応フローの整備やセキュリティの担保など、調整をさせていただきながら進めました。楽天証券様には多々ご協力いただき感謝しております。
コーソルでは24365の体制を組んでリモートDBAを実現しているため、夜間・休日であっても早急に状況の確認や対応ができることがメリットです。専任のDBAがいない、携帯待機で困っているというお客様にも、ぜひコーソルのリモートDBAを活用いただきたいと考えています。
(Oracleサービスグループ 主任 相田 実穂)

データベースに関することならお任せください コーソルへのお問い合わせはこちらから

この事例に関連するサービス

  • 1つ古い記事

このページの上部へ