本文へジャンプ

NEW GRADUATE recruiting information コーソル 新卒採用サイト

社員の紹介

写真:伊藤 大悟

2008年新卒入社 伊藤 大悟 Oracleサービスグループ 課長

プロフィール

総合政策学部卒。
入社後、4ヶ月の社内研修を経てOracleサポートグループに配属。テクニカルアナリストとして、Oracle DBに関する機能や使用方法などのご質問から障害発生時の復旧まで、年間400件前後のお問い合わせに対応。サポート業務を約3年半経験した後、2011年7月よりOracleサービスグループへ異動。サポート業務を通じて学んだ技術を基に、新規システム構築時のコンサルティング、設計・構築や、既存システムに対するパフォーマンス解析などの幅広いサービスを提供している。2012年5月にORACLE MASTER 11g Platinumを取得。

入社理由

私の就職活動の軸は「1.技術を身につけられること」「2.人の役に立つこと」「3.組織運営に貢献できること」の3つでした。この3つのテーマは、自分が仕事に求める要素を集約したものです。具体的には、1.は自分の理想像である「スペシャリスト」になれること、2.は仕事の意義が感じられ、誇りが持てること、3.は仲間と一つのものをつくり上げる喜びを感じられること、です。

会社説明会や数回に渡る面接を通じて、私なりにコーソルの事業内容や社内の雰囲気、金山さんやリーダーの方々の考えを理解し、コーソルならその3つのテーマを追求できると感じ、入社を決意しました。「社会から必要とされる技術」を習得できることと「活躍のチャンス」があると感じたことにも魅力を感じました。

DBはシステムに欠かせない構成要素であり、技術的にも基本となる構造が変わることなく、その上に新しい機能などを積み重ねることで発展してきています。従って、一から学び始めても、時間をかけて得た知識が無用の長物と化すことなく、長く使える技術になります。しかし一方で、技術的な難しさと体系的・継続的に学ぶ機会が少ないことなどから、「できる」DBエンジニアの絶対数は多くありません。だからこそ、コーソルのDBエンジニアには活躍のチャンスが多数あります。

またチャンスという点では、まだ若いコーソルという会社を大きくしていく過程に共にチャレンジできることに強い魅力を感じました。

後輩へのメッセージ

私は、仕事において大切なのは「続けること」だと思います。

「自分は何に向いているだろう」と思い悩む人もいるかもしれませんが、1つのことを続けられることは素晴らしい才能だと思います。そして、その為に必要なのは「一生懸命になること」。仕事が好きだから、お客さんの笑顔を見られるから、自分の成長のため、お金のため、家族のためなど、そのモチベーションは何だって構わないのです。一生懸命に取り組み続けた人だけが得られる経験や達成感、仲間、やりがいなどが必ずあるはずです。

「どんな仕事が向いているかわからない」と思い悩んだときは、「どんなことなら自分は一生懸命になれるのだろう」と考えてみてはいかがでしょうか。コーソルには皆さんが一生懸命になれる要素と、それに応えるやりがいがあります!

また、コーソルはIT未経験者にも広く門戸を開いています。それは、「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」ということが大切だからです。やらなければ始まりませんし、やってもできないならば、そこにはもうひと踏ん張りするチャンスが生まれます。さらに、「やった」(チャレンジした)結果として「できた」(誰かの役に立った)時には、自分の仕事にやりがいと誇りを感じることができるはずです。

前述の通り、DBエンジニアは非常に価値のある存在です。当然簡単な仕事ではなく、8年目となった今でも「まだやっていないこと」「やってもできない」ことが沢山あります。困難な道のりを目の前にしても、「どうにかして次のステップへ進んでやろう」と思えるチャレンジ精神のある人や、「成長できる“伸びしろ”が沢山ある」と前向きに捉えられる人ならば、楽しめるフィールドだと思います。何よりコーソルには共にチャレンジする仲間がいます。あとは貴方の「やる気」と行動だけです。

写真:澤田 岳宣

2004年キャリア入社 澤田 岳宣 仮想化製品サポートチーム 次長

プロフィール

経営学部卒。
「手に職をつけたい」と思い、大学卒業後プログラマーとして汎用系システムの開発に従事。その後、2004年のコーソル設立と同時にコーソルに入社。入社以降、一貫してOracle DBのサポート業務に携わり、DBエンジニアとしての経験を積むと同時に、お客様からの信頼を勝ち取り、サポートチームをゼロから作り上げた。現在は、新規事業である仮想化製品のサポートチームリーダーとしてメンバーをまとめる傍ら、全社のマネージャーとして、人事異動計画や営業戦略の立案など経営にも携わっている。

入社理由

大学卒業後、プログラマーとして働いていましたが、ごまんといるプログラマーやSEの中で、果たして自分が5年後・10年後に“本当に価値があり、世の中に必要とされる技術者”になれるのだろうかと不安と疑問を感じていました。何か他のエンジニアとは違う“価値のある技術”を習得することができないだろうか、時代や景気に左右されることのない確固たる強みを身につける方法はないだろうか、と考えていた矢先に、Oracle DBをコアコンピタンスとするコーソルと出会いました。Oracle DBの難しさゆえの“価値”の高さを知るのと同時に、DB技術は習得が難しいため、DBエンジニアは恒久的に不足しており、常に必要とされていることも知りました。私がこれまで探し求めていた“価値ある技術”や“確固たる強み”とDB技術が合致し、この仕事をやっていきたいと強く思い、入社を決意しました。

後輩へのメッセージ

就職活動中において、何度も立ち止まり、考え、悩むことがあると思います。悩んだときは目先のことだけではなく、「5年後・10年後に自分がどうなっていたいか」をじっくり考えてみることが重要だと思います。

5年後・10年後の理想像として、多くの人が「本当に価値のあるビジネスパーソン」「社会から必要とされる人財」を思い浮かべると思いますが、そう簡単になれるものではありません。そして、それは自分ひとりの力では決して成しえないものです。

しかし、コーソルには協力し合い、共に解決できる仲間がいます。お客様に最高のサービスを提供するという目的を持った社員が集まり、切磋琢磨しています。日々の学びを苦とせず、貪欲に成長していきたいという強く思う方、本当の価値を持ち、必要とされる人財になりたい方、また自分だけの成長ではなくチームや会社を大きく成長させていきたい方、ぜひお待ちしてます!

このページの上部へ

コーソルブログ更新中

くるみん