ニュースリリース

RSS

コーソル、在宅勤務制度を推進する「テレワーク・デイズ2019」に参加

お知らせ

データベースプロフェッショナル企業の株式会社コーソル(本社:東京都千代田区、代表取締役:
金山 俊明 以下コーソル)は、総務省や東京都などが実施する「テレワーク・デイズ2019」に
実施団体として参加いたします。
190719_テレワーク・デイズ2019実施団体登録_画像.png

「テレワーク・デイズ」は、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が、
東京都および関係団体と連携し、2017年より働き方改革の国民運動として展開しているものです。
テレワークの普及を通じ交通機関の混雑緩和にも効果が期待されています。

コーソルでは、社員がイキイキと働き、安心して長期勤続できる環境づくりを目指しています。
2017年のトライアル運用を経て、2018年より育児/介護/傷病等の事情がある社員を中心に
在宅勤務制度を導入し、仕事との両立を支援しています。
今後2020年に向けて、柔軟な働き方の実現に向けた重要施策の一つとして、業務に影響のない
範囲で対象社員を拡大し、制度を利用できるよう積極的に取り組んでまいります。

■テレワーク・デイズ 概要
・実施期間:2019年7月22日(月)~9月6日(金)
・URL:https://teleworkdays.jp/

■株式会社コーソル 会社概要
コーソルは、「CO‐Solutions=共に解決する」の理念のもと、「データベース技術」×「サービス」を
軸に事業展開しています。技術者を数多く育成した企業に贈られる『Oracle Certification Award』を
7年連続で受賞。2018年度企業別『ORACLE MASTER Platinum』取得者数ランキングで単年度・累計
共に国内第1位で表彰されています。『ORACLE MASTER Platinum』保有者がリモートでデータベースの
定常業務から障害発生時の対応を24時間365日で行う『リモートDBAサービス』や『時間制DBAサービス』、
第三者の視点からデータベース関連製品群の選定および利用方法をコンサルティングする『DBAの窓口』など
独自のサービスを展開しています。

本 社 : 東京都千代田区麹町3-7-4 秩父屋ビル6階
設 立 : 2004年4月1日
資本金 : 2,000万円
代表者 : 代表取締役 金山 俊明
従業員数: 134名(2019年7月現在)
事業内容: データベースの設計、導入・構築、運用管理、保守・サポート、コンサルティング 等

  • 1つ古い記事

ニュースリリース

このページの上部へ