Home > イトウ(08) > 連休 × 男の料理 = カレー

連休 × 男の料理 = カレー

今回は茄子と挽き肉のカレーでした。08イトウです。
「シルバーウィーク」という名称が耳慣れず
違和感を感じたまま連休が過ぎ去ろうとしています。

皆さんは連休はいかがお過ごしでしょうか?
私は旧友と3人で富士山に登ってきました!
土曜日の夜中に出発をし、夜通しで頂上を目指して
ご来光を拝んで降りてくるというプラン。

富士山の観光シーズンは8月までということと、
今回の登った須走のルートに山小屋が少ないこともあり、
8合目くらいまでは非常に空いていました。

fuji1.jpg
#真っ暗な中を登山スタート

辛かったのは、とにかく寒かったこと。
高度が1000M上がると気温が6度下がると言われていますが、
スタート直前の頂上の気温は1.5度!
更に容赦なく吹き付ける強風…(真っ直ぐ歩けない程)
また、暗闇の中で想像以上の傾斜を登る足は進まず。

体力的にしんどいので休憩 <=> 体が冷えるから出発

延々とこの繰り返しでした。
気づけば途中でペットボトルの水が凍っていました…


けれども天気には恵まれました。
眼下に広がる御殿場の夜景と日本で一番空に近い場所で
見上げる満天の星空に幾度となく元気をもらいました。

そして、色々なハプニングを乗り越えてやっと辿り着いた頂上!
ちょうど雲の向こうから太陽が昇ってくる瞬間でした。

fuji2.jpg
#新しい一日の始まり!

ご来光を拝んだ後は、疲れた体をコーヒーと熱燗で温めますが、
冷え切った体はなかなか温まらず。いつまでも震えが止まりません…

fuji5.jpg
#コーヒーで乾杯!

体調を優先し、予定していたお鉢参りは次回に持ち越し。
帰りは登りの分も景色を楽しみながら下りてこようと。

fuji4.jpg
#絶好の眺め!も初めだけ…

しかし、登りより下りのほうが辛いという話は本当で、
下りは寒さではなく忍耐力との戦いでした。

fuji6.jpg
#この岩と砂の急斜面がひたすら続きます。

下りルートは山小屋が少ないので休憩のペースが掴めず。
つい、早く下山したい一心で黙々と駆け下りるのですが、
どこまで下りても変わらぬ景色。終わりのない坂。
心身ともにジリジリと疲弊していく一方でした。

それでも大きな怪我などなく無事に下山!
戻ってきたのは登り始めてちょうど12時間後でした。

「日本一の山に登った!」という達成感はありましたが、
それ以上に下界に戻ってきてホッとしたという気持ちが強かったですw

帰りがけには、富士山を眺望できる温泉で汗とほこりを落とし、
ひと休みしてから御殿場のアウトレットへ!まだまだ若いですw

来年はコーソルの仲間と共に富士山チャレンジ!
も良いかもしれませんね。無論、もう少し暖かい時期に。

Home > イトウ(08) > 連休 × 男の料理 = カレー

Search
Feeds

Page Top