Home > イガラシ(12) > 社内セミナー! ~パフォーマンス調査について~

社内セミナー! ~パフォーマンス調査について~

こんにちは。12入社 イガラシです。

最近は業務に徐々に慣れてきており、データベースの
技術的なスキルをより向上させたいと感じている今日この頃。

今回は、メンバー同士スキルを向上させるべく行われている
コーソル社内セミナーに参加した際のお話をします。

コーソルでは、業務終了後に「社内セミナー」が行われています。
有志のメンバーが講師を担当し、主に Oracle Database に関連する
最新の機能の紹介や、調査手法など技術的なお話をしてくれます。

今回のブログでは、プリンシパルエンジニアである渡部さんが講師を担当された
セミナー「Oracle Database パフォーマンス調査方法総ざらい」について紹介します。

igarashi2_seminor.jpg

セミナーの Agenda は以下です↓
==========================================
Ⅰ.パフォーマンス問題と調査
Ⅱ.ユーザーの観点より問題把握
Ⅲ.OS の観点より初期分析
Ⅳ.Oracle インスタンスの観点より初期分析
Ⅴ.セッションの観点より初期分析
Ⅵ.SQL の観点より初期分析
Ⅶ.その他
==========================================

データベースを利用している中で、データベースが命令を
受け付けなくなり、動かなくなってしまう(ハングする)ことや
処理が遅延することなどの、パフォーマンスに関する問題が
発生することがあります。

今回は、パフォーマンスに問題が生じた場合の調査・分析方法について
学びました。

例えば、「データベースの処理が以前よりも遅くなった」という処理遅延
原因調査をする場合を考えます。

調査にあたり、まずは "発生している問題と発生時の状況の把握" を行います。

例えば、以下のようなポイントを確認します。

  - 以前どの程度の速度で処理を行えていたか
  - どんなことがきっかけで処置が遅くなったのか
  - 処理が遅延することによりどんな影響が発生しているのか 等

ここで重要なことは、お客様の環境で発生している問題について整理し、
把握することです。

問題と状況が把握できたら、次に "発生している問題の分析" を行います。

Oracle Database には、パフォーマンスの問題を診断するための
ツールや、データベース全体の処理情報をレポート化する機能が
あります。
特定のデータベースの処理で遅延が発生している場合には、
その処理が遅延していた時間と、遅延していなかった時間の処理情報を
レポートに出力させます。

それぞれのレポートを比較して、以下の点を確認します。

  - 変化している箇所はないかどうか
  - 異常な箇所がないかどうか 等

ここで重要なことは、処理が遅延していない時間のレポートと比較
をする必要があるという点です。
パフォーマンス診断ツールやレポートを確認し、もし変化点や異常
箇所があれば、その箇所が原因となり処理が遅延している可能性が
あるといえます。


セミナーに参加したことで、OS 情報やレポートからの分析の際に
注意すべき点を、確認することが出来ました。
Oracle Database のバージョンによってレポートの出力のされ方が
異なる等、今まで分からなかった部分もあったため、非常に勉強に
なりました!

サポート業務でパフォーマンス問題に関するお問い合わせがあった際は
今回学んだポイントを参考にして、パフォーマンス問題の解決に
活かしていきたいと思います。


なお、コーソルでは、今回のような社内セミナーだけでなく、
どなたでもご参加いただける社外向けのセミナーも実施しています。
今回のセミナーは、以前、社外向けセミナーとして実施していた内容を、
社内のエンジニア向けに再演された内容です。

Oracle Database パフォーマンス調査方法総ざらい
※ 上記セミナーの参加募集は終了しております。

参加募集しているセミナーにつきましては、弊社ホームページにて
更新しておりますので、ご興味のセミナーがある場合にはお気軽に
ご参加ください。

過去に実施した社外向けセミナーの一覧はコチラ


それでは、また次回のブログでお会いしましょう☆

Home > イガラシ(12) > 社内セミナー! ~パフォーマンス調査について~

Search
Feeds

Page Top