Home > ヒビノ(09) > サポートマニュアル作成プロジェクト★シーズン2進捗★

サポートマニュアル作成プロジェクト★シーズン2進捗★

こんにちは、09入社のヒビノです。

今年は夏のように快晴の続いた過ごしやすいGWでしたね。
皆さんはどのように過ごされたでしょうか。

さて、今回はこの場をお借りして2013年下期より稼働していた
コーソル社内プロジェクトの一つ、

「サポートマニュアル作成プロジェクト シーズン2」

の進捗をご紹介したいと思います。

(「サポートマニュアル作成プロジェクト」って何?という方は "こちら"
 「シーズン2」ってどういうこと?という方は "こちら" をご参照ください。)


このシーズン2では大きく3つのグループに分かれて活動を行いました。


 ■グループ1:ノンテク
 ヒューマンスキルなど、Oracle製品以外の非技術的なノウハウの拡充

 ■グループ2:インストール
 多種多様なOracle製品の、公開マニュアルを更に分かり易く纏めた
 コーソル独自のマニュアル作成

 ■グループ3:ツール
 Oracleを利用する上で役に立つ支援ツールの作成


この半年の期間で、各グループボリュームのあるものが出来ており、
現在社内向けに続々とリリースが行われています。
ここではヒビノも携わった『ツール』グループの成果物を少しだけ
ご紹介します。


1.WEBジャンプ
----------------------------------------------------------------------------------------------------
Oracleのサポート契約を結ばれている方には御馴染みの、オラクル社公開
公式技術文書(KROWNやNoteと呼ばれています)というものがあります。

普段、KROWNやNoteを閲覧するには My Orale Support へログインして、
検索ページへ移動し、文書番号をもとに「検索する」というちょっとした
手間がかかります。
しかし、この機能では文書番号をもとにショートカットキーを利用することで
該当のWEBページにすぐ移動することが出来ます。

技術文書はマニュアル以上に閲覧することもあるため、毎回検索するという
工数を簡略化することに成功しました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

2.ポップアップ機能
----------------------------------------------------------------------------------------------------
Oracleでは、非常に多くの独自用語、エラー、メッセージなどが存在しています。

その全てを「暗記する」ことは難しいため、マニュアルなどを参照するのが
一般的です。
しかしこの機能では、気になる用語をドラッグすることでその意味を説明した
文章がポップアップ形式で出力されます。

<イメージ図>

cosol_blog_20140508.jpg


つまり、困ったときの『Oracle辞書』として活用することが出来ます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------


他にも様々な機能が作成されており、私自身もこれから使えるのを
とても楽しみにしています。

業務の効率化を図り、お客様へ “心あるサービス” を提供すべく
このプロジェクトはまだまだ進化を続けていきます!

また、進捗があればこのブログを通して紹介したいと思います。

それではまた次回☆

Home > ヒビノ(09) > サポートマニュアル作成プロジェクト★シーズン2進捗★

Search
Feeds

Page Top