« OVF形式のVMテンプレートを手動展開する | メイン | JPOUG Advent Calendar にぜひご参加ください! »

HP ML115 G5の電源ユニットを交換

あまりコストをかけたくないため、コーソルのOracle VM 検証環境では安価なPCサーバーを使っています。同じくコストの点から、ハードウェア保守は購入していません。

検証環境では何種類かのPCサーバーを使用していますが、その中の1つ HP ML115 G5が突然ダウンしました。調査した結果、電源ユニットが故障したためと分かりました。

HP ML115 G5の電源ユニット故障について、Webで類似事例や、対処方法を調べると以下の点が分かりました。

  • HP ML115 G5の電源ユニットは、G1に比べて故障しやすいらしい
  • HP ML115 G5の電源ユニットは標準的なサイズでないため、汎用の電源ユニットをそのまま使用することができない。
  • 純正のHP ML115 G5の電源ユニットは約25,000円で、サーバーの価格に比べてかなり高価であり、これを購入する妥当性がない。

電源ユニットを交換するにあたっては、サイズが標準的でない点が悩ましかったのですが、 http://byonbyon.blog50.fc2.com/blog-entry-49.html などを参考に KEIAN BULL-MAX KT-F600-12Aを(無理やり)取り付ける方法を選びました。この方法であれば4000円強で対処できます。

また、電源ユニットの交換には以下のWebページを参考にしました。

サイズが違うためネジ穴が合いませんが、写真のとおり2か所のみをネジ止めすることでそれなりの強度で取り付けできています。ちなみに、今のところ正常に稼働しています。大丈夫でしょう!!

HP115G5_powerunit.JPG

About

2012年11月27日 12:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「OVF形式のVMテンプレートを手動展開する」です。

次の投稿は「JPOUG Advent Calendar にぜひご参加ください!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34