« 18c新機能:DBCA PDB Clone | メイン | Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)リリース »

18c新機能だけどオンプレミスでは使用できない機能

守田です。

オンプレミス版の Oracle Database 18c がリリースされましたが、
Standard Edition(SE)や、非エンジニアドシステム上で動作する Enterprise Edition(EE)では、
利用できない機能が存在するので、注意が必要です。

参考:ライセンス情報ユーザー・マニュアル
https://docs.oracle.com/cd/E96517_01/dblic/Licensing-Information.html#GUID-B6113390-9586-46D7-9008-DCC9EDA45AB4

上記マニュアルよりを元に確認したところ、18c新機能の中で
SEおよび非エンジニアドシステム上で動作するEEで使用できない機能は以下となります。

  • CDBフリート管理
  • PDBスナップショット・カルーセル
  • リフレッシュ可能PDBスイッチオーバー
  • Oracle Data Guard -- Data Guardスタンバイ・データベースにおけるログに記録されないブロックの自動修正
  • 自動インメモリー列ストア
  • 外部表に対するインメモリー列ストアのサポート
  • MemOptimized行ストア
  • 各プラガブル・データベース用のキーストア

ためしに使用を試みると、エラーとなりました。
例:PDBスナップショットカルーセル
20180802_04.jpg

About

2018年8月 8日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「18c新機能:DBCA PDB Clone」です。

次の投稿は「Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)リリース」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。