サービス・料金表

Service & Price


PISO

PISO

1.課題

PISO はデータベース監視ツールです。
以下のような課題に対してご活用いただけます。

・データベースのパフォーマンスを劣化させずにデータベースのアクセス監査を実施したい
・データベースへの不正アクセスを検知したい
・不正アクセスの警告と連動してアクセス遮断まで実施したい
・データベース監査レポートを作成したい


2.概要

データベースのパフォーマンスを劣化させずに、データベースのアクセス監査ができます。
アクセスしたユーザー、日時、実行SQL文などの詳細情報を取得可能です。
また、データベースへの不正アクセスを検知し、不正アクセスの警告と連動してアクセス遮断が可能です。
アクセスの可視化にも優れており、アクセスログから監査レポートを作成できます。


3.特徴

データベースのメモリを直接参照することで、データベースへのパフォーマンス影響を与えることなく監査を実施できます。
ローカルアクセスについてももちろん監査対象となります。


4.機能

機能


5.システム要件


Operating System
Red Hat Enterprise Linux
Oracle Linux
Microsoft Windows Server
IBM AIX
Oracle Solaris
Hewlett-Packard HP-UX
※ Performance Insight 8 対応 OS 一覧
Database
Oracle Database
Disk Space
Software Installation : 2 GB/instance
Stored Log : 30 MB/month

※対応OSおよびDBに関する詳細情報は、お問い合わせください。


6.構成例

構成例


7.価格


種類 ライセンス価格 年間保守料金
ログ管理サーバ ISM ¥1,200,000〜 ¥180,000~
監視対象サーバ(PISO) ¥2,000,000〜 ¥300,000〜
暗号化オプション (1-4core) ¥1,000,000〜 ¥150,000〜

※参考価格となります。詳細はぜひお問い合わせ下さい。


8.コーソルの特長

Oracle の機能を使った解決策から、サードパーティ製品を使用した解決策まで幅広く対応できます。
製品検討からライセンスの販売、サービス提供までご相談頂けますし、サービス提供のみも可能です。製品ベンダー視点ではなく、 お客様視点で問題を解決します。
製品販売から導入、設定、運用支援まで一貫してコーソルが支援します。




コーソルへのお問い合わせはこちらから