事例紹介

RSS

株式会社アイ・アドバタイジング様

株式会社アイ・アドバタイジング
ファッションに特化した広告業。マーケティング、クリエイティブ、メディアの
スペシャリストが真面目でユニークなソリューションを提供。
神戸と新宿にオフィスを構えている。
Oracle Database 10g で稼働している社内システムが高負荷であったため、現状診断を実施。その結果、新しいバージョンへのアップグレードを採用することとなり、 データ移行を実施した。

プロジェクト概要

  • ・Oracle10g の 現状診断 (物理サーバから仮想サーバへの移行に伴う DB 移行結果診断)
  • ・Oracle10g から 11g への データ移行

--- まずは、今回のプロジェクト概要を改めてお聞かせください。

株式会社アイ・アドバタイジング
オペレーションサポートグループ
サブマネージャー
及川 晃一 様

及川様 : Oracle10g上で構築されていた既存のシステムに関して、開発業者が撤退していたため、性能低下が発生してもメンテナンスができない状態でした。御社にて「現状診断サービス」を提供していると聞き、現状把握をしたく、依頼いたしました。また、当該システムはWindows2003Server上で稼働していました。Windows2012Server上へのデータベースを移行とOracle11gExpressへのアップグレードも行うこととなり、このうち、御社にはデータベース移行をお願いいたしました。

--- 今回の作業を通じた当社の印象を教えてください。たとえば、担当者の対応や技術力などはいかがでしたか?

及川様 : Oracleに特化している事もあり、提案力が非常に高いと感じました。今回のシステムは、他の開発業者に依頼して構築したシステムでしたが、しっかり調査をした上で、移行に関するリスクも提示してもらえたため、安心感がありました。そのため、現状診断だけではなく、バージョン移行も含めた形で依頼する事ができました。

--- 今回のご支援は、御社の課題解決に繋がったでしょうか?
また、御社に対して、どのような価値をご提供できたでしょうか?

及川様 :移行前はHyper-V上でWindows2003Serverで稼働させていた環境であり、単純に比較を行う事はできませんが、検索効率という観点では目に見える速度向上が図れました。そのため、現場からは「もっと早い段階で移行をして欲しかった」と言われるくらいです。

ご提案したサービスメニュー

本プロジェクト担当エンジニアより

お客様にて構築されたデータベースに問題が無いかを診断するフェーズを担当させていただきました。旧データベース・サーバをお貸しいただけたことで、情報収集を短縮でき診断に多くの時間を充てることができました。ありがとうございました。
(Oracleサービスグループ 主任 阿南 康郎)

データベースに関することならお任せください コーソルへのお問い合わせはこちらから

この事例に関連するサービス

  • 1つ古い記事

このページの上部へ