« OCID - OCIリソースの識別子 | メイン | Computeインスタンスのコンソールへのアクセス »

ブロックボリュームのアタッチメントタイプ

渡部です。これは、(全部俺) Oracle Cloud Infrastructure Advent Calendar 2018の5日目のエントリです。

Oracle Cloud Infrastructure(以下OCI)のつくりはAWSに非常に似ているため、AWSのVPCを理解していればさほど苦労なくComputeインスタンス(VM、AWSにおけるEC2インスタンス)を作成できるはずです。

ただ、いくつか異なる部分もあります。個人的に驚いたのはVMにブロックボリュームを追加する際にiSCSIを使用して接続することです。正確には、iSCSIを使用した接続と、AWSのEBSに類似した準仮想化での接続の2つがあるのですが、性能の観点からiSCSI経由の接続が推奨されています。

正直言って、iSCSIを使用した接続方式の使い勝手はイマイチなのですが、オラクルがこの方式を推奨するのには性能面で明白なアドバンテージがあるのでしょう。(個人的な経験ですが、AWSではEBSの性能に苦しむケースが多いため、OCIではこのようなことがないことを期待しています)

iSCSIを使用してブロックボリュームを接続する手順は以下の通りです。

  1. ブロックボリュームをアタッチするComputeインスタンスは作成済みとする
  2. ブロックボリュームを作成する。このときボリュームサイズおよび配置先となる可用性ドメインを指定する
  3. Computeインスタンスにブロックボリュームをアタッチする
  4. このときアタッチメントタイプを指定する
  5. (アタッチメントタイプがiSCSIの場合)ComputeインスタンスでiSCSI接続用コマンドを実行する
    実行すべきiSCSI接続用コマンドは管理コンソールから確認可能

1205_iscsi_command.png

About

2018年12月 5日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「OCID - OCIリソースの識別子」です。

次の投稿は「Computeインスタンスのコンソールへのアクセス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。