株式会社コーソル

LICENSE

販売製品

コーソルはDbvisit Standbyの一次代理店です。

豊富なDbvisit Standbyの導入実績を元にお客様にあった構成をご提案いたします。
まずはご相談ください。

Dbvisit

Dbvisit Standby(以下、Dbvisit)は、Oracle Database向けのDR構築・管理製品です。

Oracle Database SE(SE1、SE、SE2)の為に作られた、DR(Disaster Recovery、ディザスタリカバリ、災害対策)ソリューションです。

01.課題

以下のような課題に対してご活用いただけます。

・Standby Expressの代替製品を探している

・Oracle Database のライセンスコストを下げたい

・安価に災害対策環境を作りたい

・Oracle Data Guardの運用を簡単にしたい

・本番データをテスト環境へ手軽にコピーしたい

・クラウド環境でサーバ間の同期をしたい

・本番機障害時には自動でフェイルオーバーしてほしい

・異常があればメール通知してほしい

・スタンバイサイトを有効活用したい

02.特徴

・障害時は数分でスタンバイデータベースへフェイルオーバー可能

・Oracleの標準機能を使った同期なので、低リスクで大切なデータを保護

・専用の管理コンソールにより、Data Guardよりも管理が容易

・本番環境のデータを任意の環境へ簡単にコピー可能

・管理コンソール操作もチュートリアル機能で的確にフォロー

・自動フェイルオーバー機能により、障害発生時も自動でフェイルオーバー可能

・スタンバイデータベース作成処理をパラレル実行し、より短時間で作成可能

・フェイルオーバーテスト後も、Primary側に負荷を与えず、Standby側だけで元の同期設定に戻すことが可能

・クラウド環境(AWS、Azure)でのサーバ間データ同期にも最適

・スタンバイデータベースを読み取り専用でオープンし、BIツール等で利用可能

・ライセンスの課金単位は搭載CPUソケット単位なので、コア数をあげて性能アップも可能

・同一筐体内にいくつデータベースが存在しても、追加費用なし

03.機能

・アーカイブログ転送/適用の自動化

・プライマリ/スタンバイのアーカイブログ管理

・定期稼働通知/異常発生時のメール通知

・アーカイブログ転送時の圧縮、暗号化

・ログ転送/ログ適用未実施時間帯設定

・プライマリ/スタンバイ双方のデータベース操作

・スタンバイデータベース作成

・スイッチオーバー/スイッチバック

・フェイルオーバー

・自動フェイルオーバー

※これらはすべて管理コンソールから設定・操作可能

※管理コンソールでの実行でなくコマンドラインからのコマンド実行も可能

※Standby Expressでできることは全てDbvisitでも実現可能

04.制限事項

・プライマリとスタンバイのOSは、マイナーバージョン違いはサポートされるが、メジャーバージョン違いは確認が必要

・プライマリとスタンバイのOracle Databaseはエディション、バージョン、パッチレベルまで一致させる必要あり

・完全同期はできない

・レプリケーション対象の一部選択不可(all or nothing)

・読み取り専用として使用している間は同期不可

05.導入実績

世界110ヵ国以上、1,300以上の導入実績

06.システム要件

Disk ・Dbvisitインストール領域:約500MB
・DR用アーカイブログ領域:アーカイブログ出力量を考慮したサイズ
※スタンバイDB作成時のみ、RMANフルバックアップ格納先を一時的に用意
Database ・force Loggingを有効化
・アーカイブログモードでの運用
対応OS ・Windows:2008(64bit)以上
・Linux:OEL5-8、RHEL5-8、SUSE11-12
・UNIX:Solaris10以降(x86-64/SPARC)、AIX5.3以降
Oracle Databaseバージョン 10.2.0.5以降
※プライマリ/スタンバイのOracle Databaseはパッチレベルまで一致させる必要あり

07.Dbvisit環境構築サービス

Dbvisit環境構築サービスも提供しています。
詳しくはOracle DB向け災害対策サービスをご参照ください。

08.Dbvisit Standbyオプションサービス

<<Dbvisitオンサイトサービス>>

 

実施タスク 契約期間
スタンバイDB再作成 サブスクリプションと同期間
Dbvisit Standby設定値変更(メール通知先変更等)
Dbvisit Standby同期対象DB追加
製品再インストール
製品アップグレード
Dbvisit Standby操作レクチャー

【前提】
・本サービスはサブスクリプション価格に含まれます。
・本サービスは実施タスクに記載の作業を契約期間内で1回1日、オンサイトで実施するサービスです。
・製品アップグレードは、Ver8 -> Ver9へのアップグレード、Ver9内のマイナーバージョンアップとなります。
記載以外でのバージョンアップは対象外です。
・Dbvisitオンサイトサービスは1年間の契約(サブスクリプションと同期間)となります。
・契約期間終了時点でサービスが未使用の場合、そのサービスは消滅いたします。
・契約期間が残った状態でサービス利用回数を使い切った場合、120,000円/1回で追加可能です。
・お見積の際、必要となる回数をご指定ください。
・訪問は平日日中帯(9:00-18:00)となります。
・訪問日は調整の上決定させていただきます(必ずしもご要望通りとは限りません)。
・訪問場所が都内近郊(麹町から100km以内)でない場合、別途交通費を含めた価格となります。

09.構成例

構成図

010.コーソルの特長

コーソルはDbvisit Standbyの一次代理店です。
Dbvisit Standbyライセンス販売はもちろん、構築支援、製品サポートまで一貫してコーソルが実施いたします。
相談だけでも構いませんので、まずはご連絡ください。

データベースに関することならお任せください