« Oracle Exadata System Software 19.1.0 リリース | メイン | OCIを用いたシステムの構成イメージとリソースの配置レベル »

(全部俺) Oracle Cloud Infrastructure Advent Calendar 2018 やりますよ / OCI主要サービス一覧 (AWSとの比較)

渡部です。つい(カッとなって)(全部俺) Oracle Cloud Infrastructure Advent Calendar 2018を作ってしまったので、 頑張って12月25日までの25つ、Oracle Cloud Infrastructureについてのブログエントリを書きたいと思います :-)

1201_advent.png

初回は、軽めに・・・ AWSと比較しながらOracle Cloud Infrastructure(以下OCI)の主要サービスを一覧化します。

1201_services.png

オラクルは以前からIaaSサービスを提供していましたが、Oracle Cloud Infrastructureはこれを置き換える2世代目のIaaS基盤になります。 (なお、以前から提供されていたIaaS基盤は名称に"Classic"が付けられ、いわば旧世代扱いになっています。"OCI-C"と呼ばれる場合もあります。) OCIはAWS相当の「IaaSコア機能」があります。

なお、現行のOracle Cloud日本データセンター(館林DC)ではOCIを提供していません。 館林DCで提供されているIaaS基盤は、OCI-C(Oracle Cloud Infrastructure "Classic")です。

1201_ociregions.png

1201_japandc.png

よって、残念ながら2018年12月時点では、日本のデータセンターでOCIを使用することができません。(海外データセンターであれば、OCIを使用できます) ただ、先日のOracle OpenWorld 2018で、オラクル直営のOCI対応データセンターが2019年5月に東京、同12月末までに大阪で開設されることが明らかになりました。

OpenWorld 2018では、Gen 2 Cloudに対応したデータセンターを2019年5月に東京、同12月末までに大阪で、それぞれ開設することが明らかにされている。

日本のデータセンターでOCIが使用できるようになったら、社用のいくつかのサーバー類のAWSからOCIへの移行を進めることを、個人的に考えています。

About

2018年12月 1日 00:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Oracle Exadata System Software 19.1.0 リリース」です。

次の投稿は「OCIを用いたシステムの構成イメージとリソースの配置レベル」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。