コーソル DatabaseエンジニアのBlog へようこそ

コーソル DatabaseエンジニアのBlogでは、 コーソル所属のDatabaseエンジニアである 渡部がOracle Databaseを中心としたDatabaseに関わる技術情報を発信しています。

コーソルでは、Oracle Databaseをはじめとするデータベース全般に関わるサービス(コンサルティング、設計、構築など)、オラクル製品のプロダクトサポートサービスを提供しています。 また、不定期で無償の技術セミナーを開催しています。


コーソルでは、Oracle Databaseスペシャリストになりたいエンジニア、 Oracle Database技術を活かして働きたいエンジニアを絶賛募集中です。

hiring.png

コーソルについて知るためには・・・

エンジニアのスキル向上を支援する各種施策については・・・

コーソルのエンジニアの多くが従事する、「Oracle Database サポートエンジニアの仕事」の利点について知るためには・・・。

コーソルで働くことに興味を持たれた方は・・・

2017年3月24日

3年目のJPOUG Oracle Database入学式やりますよ

JPOUGでは、Oracle Database入学式を2017年度も開催します :-)

Oracle Database入学式の開催は、2015年度、2016年度に引き続き3回目になります。 毎年恒例のイベントになってきています。

残念ながら、現時点で定員に達していますが、無料の初心者向けイベントであること、開催が1か月弱先であることから、開催日近くでのキャンセルが比較的多くでることが予想されます。このため、キャンセル待ちでお待ちいただいてもよいかもしれません。

Oracle Database Connect 2017ご参加ありがとうございました+tweetまとめ

おかげさまで、JPOUGが共催という形でかかわらせていただいたOracle Database Connect 2017が無事終了しました。 ご参加いただいた方には感謝申し上げます。ありがとうございました。

当日の様子は、私がまとめた以下のTwitterまとめである程度伝わるかと思います。 当日参加できなかった方も含め、よろしければ、こちらをご覧くださいませ。

個人的には、Twitterの「にぎわい」はとてもうれしいことです。

というのも、私が2011年にJPOUGの共同設立に関与した理由の1つは、

実際の使用状況に比べて、Web/ソーシャルメディア上でOracle製品の存在感が希薄であるため、なんとかしてそれを高めてゆきたい

だったからです。

その意味で、ODC2017は私として、ちいさな夢の達成・・というには大げさかもしれませんが、1つのマイルストーンになりました。 今回イベントに関わらせていただいた、日本オラクルのみなさま、本当にありがとうございました。

また、イベントを一緒に盛り上げてくれたJPOUGの仲間にも感謝したいと思います。ありがとうございました :-)

2017年3月 6日

Oracle Database Connect 2017に出演?します

17:05 ~ 18:05 エキスパートはどう考えるか? 体感!パフォーマンスチューニング

パフォーマンス・チューニングはデータベース・エンジニアの腕の見せ所です。現場で発生したパフォーマンス問題に対して、データベース・エキスパートがどのように分析し、どのような対処策を適応するのか? ―― 会場の皆さんもご一緒に考えながら、エキスパートの思考プロセスを体感ください。

Japan Oracle User Group(JPOUG) 日本オラクル株式会社 クラウド・テクノロジー事業統括 柴田 長 津島 浩樹、ほか

パフォーマンス問題を解決する側の立場として、参加します! もし、どのような考え方に基づいて、調査の次の手を考えているか?に興味がある方は是非!

2017年3月 2日

オンプレミス版Oracle Database 12.2.0.1がリリースされたので、早速RACをインストールしてみました :-)

オンプレミス版Oracle Database 12.2.0.1がリリースされたので、早速RACをインストールしてみました :-)

UNIFORMLOGTIMESTAMP_FORMATの導入にともない、タイムスタンプの出力形式が変わっているのが、まず目につきます。

また、何やら見慣れないメッセージがいくつか見られますが・・・・追って、チェックしてまいりましょうかね・・・。

2017-03-02T15:39:40.537062+09:00
Starting ORACLE instance (normal) (OS id: 1426)
2017-03-02T15:39:40.551188+09:00
CLI notifier numLatches:3 maxDescs:519
2017-03-02T15:39:40.569683+09:00
**********************************************************************
2017-03-02T15:39:40.569825+09:00
Dump of system resources acquired for SHARED GLOBAL AREA (SGA) 

2017-03-02T15:39:40.570043+09:00
 Per process system memlock (soft) limit = 128G
2017-03-02T15:39:40.570188+09:00
 Expected per process system memlock (soft) limit to lock
 SHARED GLOBAL AREA (SGA) into memory: 1504M
2017-03-02T15:39:40.570432+09:00
 Available system pagesizes:
  4K, 2048K 
2017-03-02T15:39:40.570692+09:00
 Supported system pagesize(s):
2017-03-02T15:39:40.570820+09:00
  PAGESIZE  AVAILABLE_PAGES  EXPECTED_PAGES  ALLOCATED_PAGES  ERROR(s)
2017-03-02T15:39:40.571161+09:00
        4K       Configured          385027          385027        NONE
2017-03-02T15:39:40.571295+09:00
 Reason for not supporting certain system pagesizes: 
2017-03-02T15:39:40.571440+09:00
  2048K - Dynamic allocate and free memory regions
2017-03-02T15:39:40.571616+09:00
**********************************************************************
2017-03-02T15:39:41.882763+09:00
LICENSE_MAX_SESSION = 0
LICENSE_SESSIONS_WARNING = 0
2017-03-02T15:39:41.917995+09:00
Initial number of CPU is 2
Number of processor cores in the system is 1
Number of processor sockets in the system is 1
Exafusion(Msgq-Auto) enabled
Using LOG_ARCHIVE_DEST_1 parameter default value as USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
Autotune of undo retention is turned on. 
IMODE=BR
ILAT =51
LICENSE_MAX_USERS = 0
SYS auditing is enabled
NOTE: remote asm mode is remote (mode 0x2; from cluster type)
NOTE: Cluster configuration type = CLUSTER [4]
Oracle Database 12c Enterprise Edition Release 12.2.0.1.0 - 64bit Production.
ORACLE_HOME:    /u01/app/oracle/product/12.2.0/dbhome_1
System name:    Linux
Node name:  lc201rag1.domain
Release:    4.1.12-37.4.1.el6uek.x86_64
Version:    #2 SMP Tue May 17 07:23:38 PDT 2016
Machine:    x86_64
VM name:    Xen Version: 4.1 (HVM)
Using parameter settings in client-side pfile /u01/app/oracle/admin/c201/pfile/init.ora on machine lc201rag1.domain
System parameters with non-default values:
  processes                = 300
  nls_language             = "AMERICAN"
  nls_territory            = "AMERICA"
  memory_target            = 1504M
  control_files            = "+DATA/C201/CONTROLFILE/current.261.937582391"
  control_files            = "+FRA/C201/CONTROLFILE/current.256.937582391"
  db_block_size            = 8192
  compatible               = "12.2.0"
  log_archive_format       = "%t_%s_%r.dbf"
  db_create_file_dest      = "+DATA"
  db_recovery_file_dest    = "+FRA"
  db_recovery_file_dest_size= 16062M
  remote_login_passwordfile= "EXCLUSIVE"
  db_domain                = "domain"
  dispatchers              = "(PROTOCOL=TCP) (SERVICE=c201XDB)"
  local_listener           = "-oraagent-dummy-"
  audit_file_dest          = "/u01/app/oracle/admin/c201/adump"
  audit_trail              = "DB"
  db_name                  = "c201"
  open_cursors             = 300
  diagnostic_dest          = "/u01/app/oracle"
  enable_pluggable_database= TRUE
NOTE: remote asm mode is remote (mode 0x2; from cluster type)
2017-03-02T15:39:42.399481+09:00
Cluster Communication is configured to use IPs from: GPnP
IP: 169.254.52.62    Subnet: 169.254.0.0
KSIPC Loopback IP addresses(OSD): 
127.0.0.1   
KSIPC Available Transports: UDP:TCP
KSIPC: Client: KCL   Transport: UDP
KSIPC: Client: DLM   Transport: UDP
KSIPC CAPABILITIES :IPCLW:GRPAM:TOPO:DLL
KSXP: ksxpsg_ipclwtrans: 2 UDP
cluster interconnect IPC version: [IPCLW over UDP(mode 3) ]
IPC Vendor 1 proto 2
Oracle instance running with ODM: Oracle Direct NFS ODM Library Version 4.0 
============================================================
NOTE: PatchLevel of this instance 0
============================================================
Starting background process PMON
2017-03-02T15:39:42.731736+09:00
PMON started with pid=2, OS id=1448 
Starting background process CLMN
2017-03-02T15:39:42.776871+09:00
CLMN started with pid=3, OS id=1452 
Starting background process PSP0
2017-03-02T15:39:42.820876+09:00
PSP0 started with pid=4, OS id=1456 
Starting background process IPC0
2017-03-02T15:39:43.870946+09:00
Starting background process VKTM
2017-03-02T15:39:43.870978+09:00
IPC0 started with pid=5, OS id=1460 
2017-03-02T15:39:43.921254+09:00
VKTM started with pid=6, OS id=1464 at elevated (RT) priority
2017-03-02T15:39:43.923867+09:00
VKTM running at (1)millisec precision with DBRM quantum (100)ms
Starting background process GEN0
Starting background process MMAN
2017-03-02T15:39:43.977337+09:00
GEN0 started with pid=7, OS id=1470 
2017-03-02T15:39:44.015773+09:00
MMAN started with pid=8, OS id=1474 
Starting background process GEN1
2017-03-02T15:39:44.129609+09:00
GEN1 started with pid=10, OS id=1482_1486 
Starting background process DIAG
2017-03-02T15:39:44.169793+09:00
DIAG started with pid=12, OS id=1490 
Starting background process OFSD
Starting background process DBRM
2017-03-02T15:39:44.245690+09:00
OFSD started with pid=13, OS id=1494_1498 
2017-03-02T15:39:44.246919+09:00
Oracle running with ofslib:'Oracle File Server Library' version=2
2017-03-02T15:39:44.336670+09:00
DBRM started with pid=15, OS id=1503 
Starting background process VKRM
Starting background process PING
2017-03-02T15:39:44.397126+09:00
VKRM started with pid=9, OS id=1512 
Starting background process SVCB
2017-03-02T15:39:44.442720+09:00
PING started with pid=16, OS id=1517 
Starting background process ACMS
2017-03-02T15:39:44.490323+09:00
SVCB started with pid=17, OS id=1521 
Starting background process PMAN
2017-03-02T15:39:44.546901+09:00
ACMS started with pid=18, OS id=1525 
Starting background process DIA0
2017-03-02T15:39:44.595143+09:00
PMAN started with pid=19, OS id=1530 
Starting background process LMON
2017-03-02T15:39:44.636098+09:00
DIA0 started with pid=20, OS id=1534 
Starting background process LMD0
2017-03-02T15:39:44.683653+09:00
LMON started with pid=21, OS id=1538 
2017-03-02T15:39:44.735138+09:00
LMD0 started with pid=22, OS id=1543 
Starting background process RMS0
2017-03-02T15:39:44.737826+09:00
* Load Monitor used for high load check 
* New Low - High Load Threshold Range = [1920 - 2560] 
Starting background process LMHB
2017-03-02T15:39:44.773017+09:00
RMS0 started with pid=23, OS id=1549 
Starting background process DBW0
2017-03-02T15:39:44.812528+09:00
LMHB started with pid=24, OS id=1553 
2017-03-02T15:39:44.861102+09:00
DBW0 started with pid=25, OS id=1557 
Starting background process LGWR
2017-03-02T15:39:44.897627+09:00
LGWR started with pid=26, OS id=1561 
2017-03-02T15:39:44.897650+09:00
Starting background process CKPT
2017-03-02T15:39:44.938384+09:00
CKPT started with pid=27, OS id=1565 
2017-03-02T15:39:44.978587+09:00
LGWR slave LG00 created with pid=28, OS pid=1569
Starting background process SMON
2017-03-02T15:39:45.020857+09:00
SMON started with pid=29, OS id=1573 
LGWR slave LG01 created with pid=30, OS pid=1577
Starting background process SMCO
Starting background process RECO
2017-03-02T15:39:45.171631+09:00
SMCO started with pid=31, OS id=1581 
2017-03-02T15:39:45.210297+09:00
RECO started with pid=32, OS id=1585 
Starting background process LREG
2017-03-02T15:39:45.294314+09:00
LREG started with pid=34, OS id=1593 
Starting background process PXMN
2017-03-02T15:39:45.379810+09:00
PXMN started with pid=36, OS id=1603 
Starting background process RBAL
2017-03-02T15:39:45.419098+09:00
RBAL started with pid=37, OS id=1609 
Starting background process ASMB
2017-03-02T15:39:45.456572+09:00
ASMB started with pid=38, OS id=1614 
Starting background process FENC
2017-03-02T15:39:45.499488+09:00
FENC started with pid=39, OS id=1618 
Starting background process MMON
Starting background process MMNL
2017-03-02T15:39:45.539532+09:00
MMON started with pid=40, OS id=1622 
2017-03-02T15:39:45.576321+09:00
starting up 1 dispatcher(s) for network address '(ADDRESS=(PARTIAL=YES)(PROTOCOL=TCP))'...
2017-03-02T15:39:45.576329+09:00
MMNL started with pid=41, OS id=1631 
starting up 1 shared server(s) ...
2017-03-02T15:39:45.789640+09:00
lmon registered with NM - instance number 1 (internal mem no 0)
* allocate domain 0, valid ? 0 
Attached to domain 0 (addr: 0x6846a788)
2017-03-02T15:39:46.103576+09:00
Reconfiguration started (old inc 0, new inc 2)
List of instances (total 1) :
 1
My inst 1 (I'm a new instance) 
 Global Resource Directory frozen
 Communication channels reestablished
 Master broadcasted resource hash value bitmaps
 Non-local Process blocks cleaned out
 Set master node info 
 Submitted all remote-enqueue requests
 Dwn-cvts replayed, VALBLKs dubious
 All grantable enqueues granted
2017-03-02T15:39:46.130698+09:00
 Post SMON to start 1st pass IR
 Submitted all GCS remote-cache requests
2017-03-02T15:39:46.133011+09:00
Reconfiguration complete (total time 0.0 secs) 
2017-03-02T15:39:46.134778+09:00
Starting background process TMON
2017-03-02T15:39:46.227138+09:00
TMON started with pid=46, OS id=1652 
ORACLE_BASE from environment = /u01/app/oracle
2017-03-02T15:39:46.286398+09:00
NOTE: ASMB0 registering with ASM instance as Flex client 0xffffffffffffffff (reg:2784201951) (new connection)
2017-03-02T15:39:46.305379+09:00
Errors in file /u01/app/oracle/diag/rdbms/c201/c201_1/trace/c201_1_rbal_1609.trc:
ORA-15183: ASMLIB initialization error [driver/agent not installed]
2017-03-02T15:39:46.305576+09:00
WARNING: FAILED to load library: /opt/oracle/extapi/64/asm/orcl/1/libasm.so 
2017-03-02T15:39:46.524137+09:00
NOTE: ASMB0 (1614) connected to ASM instance +ASM1, osid: 1654 (Flex mode; client id 0x1000a)
NOTE: initiating MARK startup 
Starting background process MARK
2017-03-02T15:39:46.570306+09:00
MARK started with pid=48, OS id=1663 
2017-03-02T15:39:46.685073+09:00
ALTER DATABASE   MOUNT
2017-03-02T15:39:46.733073+09:00
NOTE: MARK has subscribed
2017-03-02T15:39:47.340155+09:00
Using default pga_aggregate_limit of 2048 MB
2017-03-02T15:39:48.955422+09:00
NOTE: ASMB mounting group 3 (DATA)
NOTE: ASM background process initiating disk discovery for grp 3 (reqid:0)
NOTE: Assigning number (3,2) to disk (/dev/asmdisk_data03)
NOTE: Assigning number (3,0) to disk (/dev/asmdisk_data01)
NOTE: Assigning number (3,1) to disk (/dev/asmdisk_data02)
SUCCESS: mounted group 3 (DATA)
NOTE: grp 3 disk 2: DATA_0002 path:/dev/asmdisk_data03
NOTE: grp 3 disk 0: DATA_0000 path:/dev/asmdisk_data01
NOTE: grp 3 disk 1: DATA_0001 path:/dev/asmdisk_data02
2017-03-02T15:39:49.160641+09:00
NOTE: dependency between database c201 and diskgroup resource ora.DATA.dg is established
2017-03-02T15:39:49.163643+09:00
NOTE: ASMB mounting group 4 (FRA)
NOTE: ASM background process initiating disk discovery for grp 4 (reqid:0)
NOTE: Assigning number (4,2) to disk (/dev/asmdisk_fra03)
NOTE: Assigning number (4,1) to disk (/dev/asmdisk_fra02)
NOTE: Assigning number (4,0) to disk (/dev/asmdisk_fra01)
SUCCESS: mounted group 4 (FRA)
NOTE: grp 4 disk 2: FRA_0002 path:/dev/asmdisk_fra03
NOTE: grp 4 disk 1: FRA_0001 path:/dev/asmdisk_fra02
NOTE: grp 4 disk 0: FRA_0000 path:/dev/asmdisk_fra01
2017-03-02T15:39:49.315873+09:00
NOTE: dependency between database c201 and diskgroup resource ora.FRA.dg is established
2017-03-02T15:39:53.319144+09:00
Network throttle feature is disabled as mount time

2017-03-02T15:39:53.405486+09:00
Successful mount of redo thread 1, with mount id 3497482882
2017-03-02T15:39:53.410512+09:00
Database mounted in Exclusive Mode
Lost write protection disabled
Using STANDBY_ARCHIVE_DEST parameter default value as USE_DB_RECOVERY_FILE_DEST
Completed: ALTER DATABASE   MOUNT
2017-03-02T15:39:53.847826+09:00
alter database archivelog
Completed: alter database archivelog
alter database open
Ping without log force is disabled:
  instance mounted in exclusive mode.
Endian type of dictionary set to little
2017-03-02T15:39:54.066011+09:00
LGWR: STARTING ARCH PROCESSES
2017-03-02T15:39:54.103685+09:00
TT00: Gap Manager starting (PID:1806)
Starting background process ARC0
2017-03-02T15:39:54.146515+09:00
ARC0 started with pid=52, OS id=1810 
2017-03-02T15:39:54.154553+09:00
ARC0: Archival started
LGWR: STARTING ARCH PROCESSES COMPLETE
2017-03-02T15:39:54.155219+09:00
ARC0: Becoming a 'no FAL' ARCH
ARC0: Becoming the 'no SRL' ARCH
2017-03-02T15:39:54.188917+09:00
ARCH: STARTING ARCH PROCESSES
Starting background process ARC1
Starting background process ARC2
2017-03-02T15:39:54.231119+09:00
ARC1 started with pid=54, OS id=1818 
2017-03-02T15:39:54.277948+09:00
ARC2 started with pid=55, OS id=1822 
Starting background process ARC3
ARC1: Archival started
2017-03-02T15:39:54.318433+09:00
Thread 1 opened at log sequence 2
2017-03-02T15:39:54.318473+09:00
ARC2: Archival started
2017-03-02T15:39:54.318927+09:00
  Current log# 2 seq# 2 mem# 0: +DATA/C201/ONLINELOG/group_2.263.937582395
2017-03-02T15:39:54.318946+09:00
ARC3 started with pid=56, OS id=1826 
  Current log# 2 seq# 2 mem# 1: +FRA/C201/ONLINELOG/group_2.258.937582407
Successful open of redo thread 1
2017-03-02T15:39:54.319515+09:00
MTTR advisory is disabled because FAST_START_MTTR_TARGET is not set
2017-03-02T15:39:54.328962+09:00
ARC3: Archival started
ARCH: STARTING ARCH PROCESSES COMPLETE
2017-03-02T15:39:54.922886+09:00
[1754] Successfully onlined Undo Tablespace 2.
Undo initialization finished serial:0 start:9626706 end:9626992 diff:286 ms (0.3 seconds)
Verifying minimum file header compatibility for tablespace encryption for pdb 1..
Verifying file header compatibility for tablespace encryption completed for pdb 1
Database Characterset is AL32UTF8
No Resource Manager plan active
replication_dependency_tracking turned off (no async multimaster replication found)
2017-03-02T15:39:56.173059+09:00
Starting background process AQPC
2017-03-02T15:39:56.214070+09:00
AQPC started with pid=60, OS id=1870 
PDB$SEED(2):Autotune of undo retention is turned on. 
2017-03-02T15:39:57.348494+09:00
PDB$SEED(2):Endian type of dictionary set to little
PDB$SEED(2):Undo initialization finished serial:0 start:9629729 end:9629729 diff:0 ms (0.0 seconds)
PDB$SEED(2):Database Characterset for PDB$SEED is AL32UTF8
2017-03-02T15:39:58.937912+09:00
PDB$SEED(2):Opatch validation is skipped for PDB PDB$SEED (con_id=0)
PDB$SEED(2):Opening pdb with no Resource Manager plan active
2017-03-02T15:40:00.575371+09:00
Starting background process CJQ0
Completed: alter database open
2017-03-02T15:40:00.620715+09:00
CJQ0 started with pid=62, OS id=1980 
2017-03-02T15:40:01.772993+09:00
The spfile location is updated.
2017-03-02T15:40:04.060024+09:00
Shared IO Pool defaulting to 48MB. Trying to get it from Buffer Cache for process 1622.
===========================================================
Dumping current patch information
===========================================================
No patches have been applied
===========================================================
2017-03-02T15:40:07.770353+09:00
db_recovery_file_dest_size of 16062 MB is 3.88% used. This is a
user-specified limit on the amount of space that will be used by this
database for recovery-related files, and does not reflect the amount of
space available in the underlying filesystem or ASM diskgroup.

2017年1月30日

パブリッククラウド環境のOracle Databaseライセンスコストでコア係数が適用外に

どうやら、2017年1月23日付でパブリッククラウド環境におけるOracle Databaseライセンスの考え方が変わっていたようです。 従来適用されていたコア係数0.5(Xeon相当のコア係数)が撤廃されたため、ライセンスコストが2倍になる場合があります。 また、仮想コアと物理コアの対応関係にも変更があります。

従来 (2016-05-31付け)

骨子は以下の通りです。

  • AWS EC2, Microsoftを "Authorized Cloud Environments"として、Oracle Databaseを利用可能なパブリッククラウド環境として承認
  • 仮想コア=物理コアと言う前提のもと、オンプレミス環境と類似した考え方で、 仮想コア数 x コア係数 でライセンス上のProcessor数を算出
  • 例) 8仮想コアの場合、ライセンスカウントにおけるProcessor数は 4 (= 8 x 0.5)

2017年1月23日付けでの変更後

骨子は以下の通りです。

  • AWS EC2, Microsoftを "Authorized Cloud Environments"として、Oracle Databaseを利用可能なパブリッククラウド環境として承認 [従来と変わらず]
  • パブリッククラウド環境をコア係数の適用外とした
  • AWS EC2環境ではハイパースレッディングの使用有無により、仮想コア(EC2においてはvCPUとなる)⇔物理コアの対応関係を変えた。 具体的には、ハイパースレッディング使用 → 2 vCPU = 1物理コア、ハイパースレッディング未使用 → 1 vCPU = 1物理コア。
    • ハイパースレッディングを使用したAWS EC2環境では、vCPUが大きくなっている点を考慮した補正と思われます。
  • 例1) ハイパースレッディング未使用の AWS EC2 8vCPU の場合、ライセンスカウントにおけるProcessor数は 8 (8 vCPU = 8物理コア)
  • 例2) ハイパースレッディング使用の AWS EC2 16vCPU の場合、ライセンスカウントにおけるProcessor数は 8 (16 vCPU = 8物理コア)
  • 例3) Microsoft Azure 8コア の場合、ライセンスカウントにおけるProcessor数は 8 (8コア = 8物理コア)

参考情報

免責

上記は、公開されているPDFを元に渡部が理解した内容を記載したものです。 実際のライセンスコスト計算においては、日本オラクルおよびパブリッククラウドベンダに問い合わせることを強くお勧めします。

2017年1月27日

オンプレミス版Oracle Database 12.2のリリース日が決定したようです

お知らせのみのエントリです。

オンプレミス版Oracle Database 12.2のリリース日が決定したようです。 具体的な日付は公開できませんので、以下のMOS Docをご確認くださいませ。

(とはいえ、公開している人もいますけどね・・・)

2017年1月19日

wgetでOracle Software Delivery Cloudからソフトウェアを簡単ダウンロード

Oracle Software Delivery Cloud というWebサイトからオラクル ソフトウェア製品をダウンロードできます。もちろん、正規のライセンスを持っていることが大前提です。

Webブラウザを起動して、Oracle SSOアカウントでログインすれば簡単にダウンロードできてとても便利なのですが、以下のような場合は、wgetでダウンロードする方法がオススメです。

  • Webブラウザがインストールされていない、また、Webブラウザを容易に使用できない環境(X-Windowが導入されていないLinuxサーバなど)
  • 複数のファイルを一括でダウンロードしたい

やり方は簡単です。

  1. 通常通り、Oracle Software Delivery Cloudにログインして、検索機能などを使ってダウンロードしたいソフトウェアを探します。
  2. "File Download"ダイアログの下部に"Wget Options"というボタンがあるので、押します 01_software_delivery_cloud_wget.png

  3. "Wget Options for selected files"ダイアログの"Download.sh"というボタンがあるので、押します。すると、wgetを実行するシェルスクリプトwget.shがダウンロードできます。 02_software_delivery_cloud_wget.png

  4. ダウンロードしたシェルスクリプトwget.shを配置して、実行します。Oracle SSOアカウント情報の入力が求められるため、ユーザー名とパスワードを入力します。

実行例は以下の通りです。

[oracle@csfs1 OL73x64]$ chmod +x wget.sh
[oracle@csfs1 OL73x64]$ ./wget.sh
SSO User Name:ryota.watabe__at__cosol.jp (←実際には__at__は@)
SSO Password:
[oracle@csfs1 OL73x64]$
[oracle@csfs1 OL73x64]$ ls -l
total 5428528
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall       3781 Jan 19 11:09 SearchSoftware
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall 4639948800 Nov  9 12:49 V834394-01.iso
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall  435159040 Nov  9 11:02 V834397-01.iso
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall  475004928 Nov  9 11:03 V834398-01.iso
-rw-r--r-- 1 oracle oinstall    8676317 Jan 19 12:00 wgetlog-01-19-17-11:09.log
-rwxr-xr-x 1 oracle oinstall       4039 Jan 19 11:09 wget.sh

参考情報

2016年12月31日

私的2016年コーソル5つの大きな達成+取り組み

2016年ももうすぐ終わりです。 2016年はコーソルが順調に成長することができた素晴らしい年でした。

2016年の振り返りをかねて、私の眼から見た、2016年コーソル5つの大きな達成+取り組みをご紹介いたします。

1. ORACLE MASTER Platinum 取得者数 No.1達成!

コーソルでは、エンジニアのスキル向上のために、ORACLE MASTERを含む資格の取得を推奨しています。 なかでも、ORACLE MASTER Platinum Oracle Databaseは、難度の高い実技試験によってスキルを明確に証明できることから、会社として特に取得を後押ししていますし、エンジニア個人としても、中期的な目標としている人が多い資格でもあります。

2016年は、このORACLE MASTER Platinum Oracle Databaseの取得者数で国内No.1を達成しました!

  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g: 45名
  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c: 32名

ただし、これで終わりではありません。ORACLE MASTER Platinum取得者数は、今後もどんどん増えてゆく見込みです。

2. Oracle Databaes 12c R2ベータプログラム、リリース時のエンドースメントに参加、その他 12c R2関連セッション担当など

2016年は、Oracle Databaes 12c R2がリリースされた年でもあります。 コーソルでは、Oracle Databaes 12c R2のリリースに関連して、以下の取り組みに参加させていただくことができました。

3. データベース運用のためのソリューションサービスの拡充と、多くのお客さまからのご利用

DBAスキルを持つエンジニアが不足していることから、データベース運用に問題を抱えるお客様が多い状況を踏まえ、 データベース運用のためのソリューションサービスを拡充しました。現在、多くのお客さまからご利用いただいております。

特に、リモートDBAサービスについては、24365の DB 監視・運用が重要だとわかってはいるが、 携帯待機で回すには限界がある、そもそも DB エンジニアが不足していて体制が組めない、 夜間帯で DB に原因があるかないかの一次切り分けだけでもやってほしいというお客様から、非常に好評をいただいております。 24365 でのサーバー監視・運用はできているが、DB についてはできていないという状況でお困りの方がいらっしゃいましたら、 ぜひお気軽にお問合せくださいませ。

4. コーソル メンバーへの高まる評価

いわば「黒子」としてエンドユーザー様の基幹ビジネスIT部門や、大手SIer様をご支援するという立ち位置であることから、 一般の方から見える形での評価をいただく機会が少なかったのですが、徐々に一般の方に見える形のアウトプットが増えてきています。

紹介できない評価や事例が多く残念ではありませすが、もし、公開できる評価や事例がありましたら、今後もご紹介させていただきます。

5. コミュニティ活動支援を継続+強化

Oracle Databaseは非常に多くのシステムで使用されているデータベース製品ですが、そのわりに、コミュニティ活動が活発とはいえない状況でした。

コミュニティ活動が活発であることは、Oracle Databaseに関わる心理的な障壁を取り除き、Oracle Databaseを身近に感じてもらえることにつながります。 また、コミュニティ活動を通じて発信されるノウハウにより、エンジニアが現場で遭遇するかもしれない、Oracle Databaseに関わる様々な問題を解決できることも少なくありません。

コーソルでは、金銭的支援、人的支援など、様々な形でJPOUGなどのコミュニティ活動を支援しています。

番外編 みんなが働きやすい会社に向けて、「くるみん」マークの取得ほか

コーソルの力の源泉はメンバー個人個人が持つ技術力です。 従って、社員が長く会社に在籍してくれるかどうかは、重要な経営課題です。このため、経営再度から、働きやすい職場の実現に向けての様々な施策を行っています。

また、当然のことながら、社員の立場からも、できる限り働きやすい職場で働きたいはずです。 コーソルでは、社員主導で「働き方改革プロジェクト」などの多くの試みがなされています。

これらの活動については、全てを対外的に公開できるものではありませんが、対外的に公開できるものとして、以下の2つの取り組みをご紹介します。

2016年の対外発表振り返り

2016年ももうすぐ終わりですね。2016年の対外発表を振り返ってみます。

今年はちょっと発表の回数が多かったかな・・・

2016-06-08: JPOUG Oracle Database入学式 2016

2016-07-06: db tech showcase Tokyo 2016

これに加えて、PostgreSQL(OSS-DB)のセッションも担当しました。

2016-09-09: database launge tokyo#2 バックアップと復旧 Oracle Database, MySQL, PostgreSQL

2016-10-28 Oracle DBA & Developer Days 2016

セッション資料は以下からダウンロードできます。

2016-11-17: JPOUG in 15 minutes #2 / Oracle Database 12c R2

2016-12-13 MySQL Casual Talks in fukuoka

Platinum取得推進の取り組みを日本オラクル様にご紹介いただきました

これまでに何度かお伝えしていますが、コーソルは「ORACLE MASTER Platinum」の累計取得者数 国内ナンバーワンを達成しました。

実は、ORACLE MASTER Platinum累計取得者数 国内ナンバーワンは、技術力向上のみならず、経営的な効果を狙っての全社的な取り組みの結果得られたものです。人事制度、資格取得支援制度など、非技術的な点での施策も実施していました。

このような点も含めた全社的な取り組みについて、日本オラクル Oracle University様に事例としてご紹介いただきました。

ou_platinum.png

株式会社コーソルは、2016年に「ORACLE MASTER Platinum」の累計取得者数で国内ナンバーワンになりました。オラクル認定資格の取得を事業戦略として推進し、ORACLE MASTER Platinum取得者数"業界No.1"を実現した同社の人事制度や体制、技術者育成の環境作りについてお話しいただきました。

コーソルでは、エンジニアのスキルアップを重視する会社であり、それを十二分に踏まえて、人事制度や資格取得支援制度がつくられています。

(ちなみに、最近も、エンジニアのキャリアパスを用意するため、「上級主任」という役職が新たにつくられました。Webサイトの更新が追い付いていないのですが・・・)

今後も、多くのORACLE MASTER Platinum取得者を育成してゆく予定です。

資格だけでエンジニアの価値を証明できるわけではありませんが、2日間にもわたる実技試験という位置づけから、ORACLE MASTER Platinumは、エンジニアが一定のスキルを保持していることを確実に保証できる資格です。

Oracle Databaseのスキルを身につけ、Oracle Databaseエンジニアとしてキャリアを作ってゆきたい方は、ぜひコーソルにいらしてくださいませ! お待ちしております! :-)

プロフィール

Ryota WATABE / 渡部 亮太

100x100.jpg

投稿内容は私個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

  • Oracle ACE
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • Oracle Database 12c Administrator Certified Master (ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c)
  • Oracle Database 11g Certified Master (ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g)
  • Oracle Database 11g Data Warehousing Certified Implementation Specialist
  • Oracle Database 11g Security Certified Implementation Specialist
  • Oracle Certified Expert, Oracle Real Application Clusters 11g and Grid Infrastructure Administrator
  • Oracle Certified Expert, Oracle Exadata X3 Administrator
  • Oracle Exadata 11g Certified Implementation Specialist
  • Oracle Database 10g Certified Master (ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 10g) <INACTIVE>
  • Oracle Database 10g Managing Oracle on Linux Certified Expert <INACTIVE>
  • Oracle Database 10g: Real Application Clusters Administrator Certified Expert <INACTIVE>
  • Oracle PL/SQL Developer Certified Associate
  • Oracle Certified Professional, MySQL 5.6 Database Administrator
  • Oracle Certified Professional, MySQL 5 Database Administrator
  • Cisco Certified Network Associate (CCNA) <INACTIVE>
  • Cisco Certified Network Associate Security (CCNA Security) <INACTIVE>
  • OSS-DB Gold (PostgreSQL 9)
  • OSS-DB Silver (PostgreSQL 9)
  • Oracle Linux 6 Certified Implementation Specialist
  • LPIC 301 Core (Linux)
  • Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7
  • Oracle WebLogic Server 12c Certified Implementation Specialist