コーソル DatabaseエンジニアのBlog へようこそ

コーソル DatabaseエンジニアのBlogでは、 コーソル所属のDatabaseエンジニアである 渡部と守田がOracle Databaseを中心としたDatabaseに関わる技術情報を発信しています。

コーソルでは、Oracle Databaseをはじめとするデータベース全般に関わるサービス(コンサルティング、設計、構築など)、オラクル製品のプロダクトサポートサービスを提供しています。 また、不定期で無償の技術セミナーを開催しています。


コーソルでは、Oracle Databaseスペシャリストになりたいエンジニア、 Oracle Database技術を活かして働きたいエンジニアを絶賛募集中です。

hiring.png

コーソルについて知るためには・・・

エンジニアのスキル向上を支援する各種施策については・・・

コーソルのエンジニアの多くが従事する、「Oracle Database サポートエンジニアの仕事」の利点について知るためには・・・。

コーソルで働くことに興味を持たれた方は・・・

2019年4月16日

Autonomous Databaseの制約とPDBロックダウンプロファイル

渡部です。Autonomous DatabaseはFull-Managedのデータベースサービスです。

Full-Managedにより、データベース管理作業が自動化されDBAの負荷を軽減できますが、その反面、実行可能な操作に大きな制限が課せられます。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

Autonomous Databaseの制限

主な制限には以下があります。

  • OSへのssh接続ができない
  • データベースへのSYSユーザー接続ができない
  • 表領域の追加ができない
  • セキュリティ設定の変更ができない

詳細については、以下を確認ください。

接続の制限については、実装方法は容易に理解できますが、 表領域の追加などのOracle Databaseでの機能制限については、どのように実装されているのでしょうか。

以下の記事で説明した通り、Autonomous Databaseの実体はPDBです。

勘の良いかたはこの時点でお気づきになるかもしれませんが、これらのOracle Databaseの機能制限はPDBロックダウンプロファイル機能を用いて実装されています。

adb_pdb_lockdown_profile_01.png

PDBロックダウンプロファイルとは

PDBロックダウンプロファイルとは、PDBで実行可能な操作を制限するOracle Databaseの機能です。 Oracle Database 12c R2で導入されました。

様々なデータベースをPDBとしてマルチテナント環境に統合した場合、PDBの構成変更に制約をかけたい場合があります。 それぞれのPDBでバラバラの構成を許すと、構成が複雑になり、ひいては管理コストの増加をもたらすためです。 また、セキュリティ上の問題や意図しないリソースの消費につながりかねない一部の操作を禁止したい場合もあります。

このような場合、PDBロックダウンプロファイルを構成して、PDBで実行可能な操作を制限します。

Autonomous Data Warehouseのロックダウンプロファイル設定を見てみる

まず、初期化パラメータ PDB_LOCKDOWN を見てみると、'DWCS'という値が設定されており、ロックダウンプロファイルが有効であること、ロックダウンプロファイル設定がDWCSであることがわかります。

SQL> show parameter PDB_LOCKDOWN
NAME                      TYPE        VALUE
------------------------- ----------- ------
_pdb_lockdown_ddl_clauses big integer 131066
pdb_lockdown              string      DWCS

次に、ビュー v$lockdown_rules を見てみると、機能(FEATURE)の制限は以下であることがわかります。

SQL> SELECT RULE, STATUS FROM v$lockdown_rules WHERE RULE_TYPE = 'FEATURE' AND status ='DISABLE';

RULE                                             STATUS
------------------------------------------------ -------
COMMON_SCHEMA_ACCESS                             DISABLE
CONNECTIONS                                      DISABLE
CTX_LOGGING                                      DISABLE
LOCAL_USER_PROTECTED_SCHEMA_ACCESS               DISABLE
NETWORK_ACCESS                                   DISABLE
OS_ACCESS                                        DISABLE
SYSTEM_DATA                                      DISABLE
XDB_DEPRECATED                                   DISABLE

8行が選択されました。

文(STATEMENT)の制限についてはは、句の指定がない制限と句の指定がある制限にわけて見てみます。 句の指定がない制限は、句の指定によらず、その文の実行をすべて制限します。"CREATE TABLESPACE"をはじめとする、多くの文の実行が禁止されていることがわかります。

SQL> SELECT RULE, count(*) FROM v$lockdown_rules
  2    WHERE RULE_TYPE = 'STATEMENT'
  3      AND CLAUSE IS NULL
  4    GROUP BY RULE order by 2 desc;

RULE                                               COUNT(*)
------------------------------------------------ ----------
CREATE TABLESPACE                                         1
DROP INDEXTYPE                                            1
CREATE INDEX                                              1
ADMINISTER KEY MANAGEMENT                                 1
ALTER SYSTEM                                              1
DROP MATERIALIZED VIEW LOG                                1
CREATE DATABASE LINK                                      1
ALTER PROFILE                                             1
CREATE PROFILE                                            1
ALTER SESSION                                             1
DROP INDEX                                                1
CREATE MATERIALIZED VIEW LOG                              1
ALTER TABLESPACE                                          1
ALTER DATABASE                                            1
CREATE INDEXTYPE                                          1
ALTER PLUGGABLE DATABASE                                  1
ALTER MATERIALIZED VIEW                                   1
DROP MATERIALIZED VIEW                                    1
DROP TABLESPACE                                           1
CREATE MATERIALIZED VIEW                                  1
ALTER INDEX                                               1
ALTER MATERIALIZED VIEW LOG                               1
ALTER INDEXTYPE                                           1

23行が選択されました。

句の指定がある制限は、句の指定があるパターンにマッチする場合、その文の実行を制限します。

SQL> SELECT RULE, count(*) FROM v$lockdown_rules
  2    WHERE RULE_TYPE = 'STATEMENT'
  3      AND CLAUSE IS NOT NULL
  4    GROUP BY RULE order by 2 desc;

RULE                                               COUNT(*)
------------------------------------------------ ----------
ALTER SYSTEM                                             58
ALTER SESSION                                            55
ALTER DATABASE                                            8
ALTER PLUGGABLE DATABASE                                  8


SQL> SELECT clause, clause_option, status FROM v$lockdown_rules
  2    WHERE RULE_TYPE = 'STATEMENT'
  3      AND RULE = 'ALTER SYSTEM'
  4    ORDER BY status;

CLAUSE           CLAUSE_OPTION                                    STATUS
---------------- ------------------------------------------------ -------
SET              RESULT_CACHE_MAX_RESULT                          DISABLE
SET              _MAX_IO_SIZE                                     DISABLE
SET              RESULT_CACHE_MODE                                DISABLE
SET              _PARALLEL_CLUSTER_CACHE_POLICY                   DISABLE
                                                                  DISABLE
SET              _CLOUD_SERVICE_TYPE                              DISABLE
SET              _OPTIMIZER_GATHER_STATS_ON_LOAD_ALL              DISABLE
SET              _PDB_LOCKDOWN_DDL_CLAUSES                        DISABLE
SET              _DEFAULT_PCT_FREE                                DISABLE
SET              _OPTIMIZER_GATHER_STATS_ON_LOAD_HIST             DISABLE
SET              "_PDB_MAX_DIAG_SIZE"                             DISABLE
SET              "_PDB_MAX_AUDIT_SIZE"                            DISABLE
SET              DB_FILES                                         DISABLE
SET              MAX_IDLE_BLOCKER_TIME                            DISABLE
SET              _DATAPUMP_GATHER_STATS_ON_LOAD                   DISABLE
SET              _OPTIMIZER_ANSWERING_QUERY_USING_STATS           DISABLE
SET              RESOURCE_MANAGER_PLAN                            DISABLE
SET              _ENABLE_PARALLEL_DML                             DISABLE
SET              _LDR_IO_SIZE                                     DISABLE
SET              _DATAPUMP_INHERIT_SVCNAME                        DISABLE
SET              _PX_XTGRANULE_SIZE                               DISABLE
SET              _OPTIMIZER_ALLOW_ALL_ACCESS_PATHS                DISABLE
SET              PARALLEL_MIN_DEGREE                              DISABLE
SET              "_PDB_INHERIT_CFD"                               DISABLE
SET              _CELL_OFFLOAD_VECTOR_GROUPBY                     DISABLE
SET              PARALLEL_DEGREE_POLICY                           DISABLE
SET              NLS_TIMESTAMP_FORMAT                             ENABLE
SET              MAX_IDLE_TIME                                    ENABLE
SET              NLS_NCHAR_CONV_EXCP                              ENABLE
SET              OPTIMIZER_IGNORE_HINTS                           ENABLE
SET                                                               ENABLE
KILL SESSION                                                      ENABLE
SET              APPROX_FOR_AGGREGATION                           ENABLE
SET              NLS_NUMERIC_CHARACTERS                           ENABLE
SET              NLS_CALENDAR                                     ENABLE
SET              PLSQL_CCFLAGS                                    ENABLE
SET              NLS_ISO_CURRENCY                                 ENABLE
SET              NLS_TIME_TZ_FORMAT                               ENABLE
SET              OPTIMIZER_IGNORE_PARALLEL_HINTS                  ENABLE
SET              NLS_DUAL_CURRENCY                                ENABLE
SET              NLS_SORT                                         ENABLE
SET              NLS_LANGUAGE                                     ENABLE
SET              PLSQL_WARNINGS                                   ENABLE
SET              FIXED_DATE                                       ENABLE
SET              NLS_DATE_FORMAT                                  ENABLE
SET              APPROX_FOR_COUNT_DISTINCT                        ENABLE
SET              NLS_TIME_FORMAT                                  ENABLE
SET              NLS_CURRENCY                                     ENABLE
SET              PLSQL_OPTIMIZE_LEVEL                             ENABLE
SET              NLS_COMP                                         ENABLE
SET              PLSCOPE_SETTINGS                                 ENABLE
SET              AWR_PDB_AUTOFLUSH_ENABLED                        ENABLE
SET              NLS_TIMESTAMP_TZ_FORMAT                          ENABLE
SET              PLSQL_DEBUG                                      ENABLE
SET              NLS_DATE_LANGUAGE                                ENABLE
SET              DDL_LOCK_TIMEOUT                                 ENABLE
SET              APPROX_FOR_PERCENTILE                            ENABLE
SET              NLS_LENGTH_SEMANTICS                             ENABLE
SET              NLS_TERRITORY                                    ENABLE

59行が選択されました。

ALTER SYSTEMについて句の指定がある制限を見てみると、以下のことがわかります。

  • 設定を許す初期化パラメータについては、status='ENABLE'で明示的にALTER SYSTEM SETの実行を許している。
  • 設定を許さない初期化パラメータについては、status='DISABLE'で明示的にALTER SYSTEM SETの実行を禁止している。
  • ALTER SYSTEM KILL SESSIONについては、(ALTER SYSTEMの中では例外的に)実行を許している。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

作成およびスケーリングと処理性能 - Autonomous Database

渡部です。Autonomous Databaseの作成は簡単です。また、スケーリングも簡単です。 なお、oCPUに比例してメモリサイズとI/O処理性能が決まる点には注意が必要です。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

Autonomous Databaseの作成

以下はAutonomous Data Warehouse(ADW)とAutonomous Transaction Processing(ATP)の作成画面です。

create_adw01.png

create_atp02.png

上記に示した画面の通り、いくつかのパラメータを指定するだけで作成が完了します。

  • コンパートメント : Autonomous Databaseを配置するコンパートメント。コンパートメントは、テナント(≒アカウント)を区切る論理的区画です。
  • 表示名: インスタンスの表示名。
  • データベース名
  • CPUコア数: Oracle CloudではCPUコア数を、1物理コアに相当する概念であるOCPU(Oracle CPUの略でしょうか)で示します。
  • ストレージ(TB)
  • データベース管理ユーザーのパスワード
  • ライセンスタイプ : BYOLか否か

名称やパスワード、ライセンスタイプなどどのようなモノであっても指定必須の項目を除けば、実質的に必要な設定項目は以下の2つのみということに注意してください。

  • CPUコア数
  • ストレージ(TB)

なお、データベースの性能において重要な構成要素であるメモリのサイズを指定できないことを 奇妙に思われる方もいらっしゃるかもしれません。メモリサイズはCPUコア数により決まります。 同様に、ストレージI/O性能もCPUコア数により決まります。

Autonomous Databaseのスケーリング

渡部です。Autonomous Databaseの作成時に指定する性能関連の設定項目は以下の2つだけでした。

  • CPUコア数(OCPU)
  • ストレージ(TB)

これらの設定項目はAutonomous Databaseの起動中に動的に変更できます。 Autonomous Databaseで実行されている処理に影響を与えることはありません。

adb_scaling_01.png

以下にoCPU数を1から8にスケーリングした時の画面を示します。

adw_scaling_capture01.png

adw_scaling_capture02.png

adw_scaling_capture03.png

adw_scaling_capture04.png

スケーリングと処理性能

CPUコア数が処理性能に与える影響についてはキチンと理解しておく必要があります。 メモリサイズはCPUコア数により決まります。CPUコア数を増やすとメモリサイズが増加します。

実測結果を以下に示します。

adb_scaling_03.png

また、ストレージI/O性能もCPUコア数により決まります。同一のクエリを実行したときの所要時間の実測結果を以下に示します。一般にストレージI/O性能は処理の所要時間に影響しますので、これで対応関係を推し量ることができます。

adb_scaling_02.png

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

各サービスのサービス特性とリソースマネージャ - Autonomous Database

渡部です。Autonomous Databaseにはあらかじめ定義されたいくつかのサービスから、要件に合致するサービス特性をもつサービスに接続します。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

ATP(Autonomous Transaction Processing)の事前定義サービスのリソース制限(OCPU=8)

以下にOCPU=8のATP(Autonomous Transaction Processing)のリソースディレクティブの設定を示します。

-- SELECT * FROM DBA_RSRC_PLAN_DIRECTIVES WHERE plan = 'OLTP_PLAN'の結果を整形
PLAN                        OLTP_PLAN       OLTP_PLAN       OLTP_PLAN       OLTP_PLAN       OLTP_PLAN       OLTP_PLAN
GROUP_OR_SUBPLAN            TPURGENT        TP              HIGH            MEDIUM          LOW             OTHER_GROUPS
TYPE                        CONSUMER_GROUP  CONSUMER_GROUP  CONSUMER_GROUP  CONSUMER_GROUP  CONSUMER_GROUP  CONSUMER_GROUP
CPU_P1                      12              8               4               2               1               1
CPU_P2                      0               0               0               0               0               0
CPU_P3                      0               0               0               0               0               0
CPU_P4                      0               0               0               0               0               0
CPU_P5                      0               0               0               0               0               0
CPU_P6                      0               0               0               0               0               0
CPU_P7                      0               0               0               0               0               0
CPU_P8                      0               0               0               0               0               0
MGMT_P1                     12              8               4               2               1               1
MGMT_P2                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P3                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P4                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P5                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P6                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P7                     0               0               0               0               0               0
MGMT_P8                     0               0               0               0               0               0
ACTIVE_SESS_POOL_P1                                                                                         
QUEUEING_P1                                                                                                 
PARALLEL_TARGET_PERCENTAGE                                  50              84                              
PARALLEL_DEGREE_LIMIT_P1                    1               8               4               1               1
SWITCH_GROUP                                                                                                
SWITCH_FOR_CALL             FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE
SWITCH_TIME                                                                                                 
SWITCH_IO_MEGABYTES                                                                                         
SWITCH_IO_REQS                                                                                              
SWITCH_ESTIMATE             FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE
MAX_EST_EXEC_TIME                                                                                           
UNDO_POOL                                                                                                   
MAX_IDLE_TIME                                                                                               
MAX_IDLE_BLOCKER_TIME                                                                                       
MAX_UTILIZATION_LIMIT                                                                                       
PARALLEL_QUEUE_TIMEOUT                                                                                      
SWITCH_TIME_IN_CALL                                                                                         
SWITCH_IO_LOGICAL                                                                                           
SWITCH_ELAPSED_TIME                                                                                         
PARALLEL_SERVER_LIMIT                                       50              84                              
UTILIZATION_LIMIT                                                                                           
PARALLEL_STMT_CRITICAL      FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE           FALSE
SESSION_PGA_LIMIT                                                                                           
PQ_TIMEOUT_ACTION           CANCEL          CANCEL          CANCEL          CANCEL          CANCEL          CANCEL
COMMENTS                                                                                                    
STATUS                                                                                                      
MANDATORY                   NO              NO              NO              NO              NO              NO

上記結果から有意な箇所だけを抜き出したのが以下です。

GROUP_OR_SUBPLAN            TPURGENT        TP              HIGH            MEDIUM          LOW 
CPU_P1                      12              8               4               2               1   
MGMT_P1                     12              8               4               2               1   
PARALLEL_TARGET_PERCENTAGE                                  50              84                  
PARALLEL_DEGREE_LIMIT_P1                    1               8               4               1   
PARALLEL_SERVER_LIMIT                                       50              84

これから、以下の点が言えます。

  • CPU割り当て優先度は右の順: TPURGENT > TP > HIGH > MEDIUM > LOW
  • 初期状態でパラレル処理が可能なサービスはHIGHとMEDIUM。TPURGENは明示的に指定すればパラレル処理は可能だが、TPとLOWはPARALLELDEGREELIMIT_P1=1であるため常にシリアル処理

よって、各サービスの位置づけは以下のように整理できます。(再掲)

adw_and_atp_04.png

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

ADWとATPの比較 / Autonomous Databaseへの接続と事前定義サービス

渡部です。今回 日本オラクルさんからのご厚意でAutonomous Databaseを検証する機会をいただきました。 せっかくですので、この機会に学んだことをいくつかお裾分けします。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

Autonomous DatabaseはAutonomous Data Warehouse(ADW)とAutonomous Transaction Processing(ATP)の比較

Autonomous DatabaseはAutonomous Data Warehouse(ADW)とAutonomous Transaction Processing(ATP)の2つのサービスの総称です。 ADWはData Warehouse用途向けに事前構成されています。また、ATPはトランザクションおよび一般的な用途向けに事前構成されています。

ADWとATPを比較したのが以下の表です。

adw_and_atp_01.png

ADWとATPの用途の違いについては、事前定義されたサービスの特性をみると、より理解が深まります。

事前定義されたサービス

Autonomous Databaseを作成すると、サービス品質が異なる複数のサービスがあらかじめ作成され、 サービス毎に接続文字列が与えられるため、これを指定してサービスに接続します。

adw_and_atp_02.png

adw_connect_desc.png

利用者は、サービス品質が要件にマッチしたサービス名を選んで接続する必要があります。 視点を変えると、ADWとATPのそれぞれにおいて、どのようなサービス品質のサービスが定義されているかを確認することで、 ADWとATPがどのような用途を想定したデータベースなのかを推し量ることができます。

adw_and_atp_03.png adw_and_atp_04.png

以下のように整理できるはずです。

  • ADWはData Warehouse専用 (HCCがデフォルトであることからもこれは明らか)
  • ATPはいわゆる汎用(少量データ更新するトランザクション処理が基本的なだが、データ分析に使えなくもない)

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

2019年4月15日

Autonomous Databaseのアーキテクチャ - Oracle Cloud

渡部です。今回 日本オラクルさんからのご厚意でAutonomous Databaseを検証する機会をいただきました。 せっかくですので、この機会に学んだことをいくつかお裾分けします。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

Autonomous Databaseとは?

平たく言うと"Full-ManagedなPDBのOracle Database on Exadata in Oracle Cloud"です。

ただし、Autonomous Databaseというサービスがあるわけではなく、あくまでもAutonomous DatabaseはAutonomous Data Warehouse(ADW)とAutonomous Transaction Processing(ATP)の2つのサービスの総称です。 それぞれData Warehouse用途およびトランザクション処理用途に向け事前構成されており、原則的に構成変更はできない(しない)思想になっています。

Autonomous Databaseのアーキテクチャ

Autonomous Databaseのシステム構成を"オンプレOracle屋 目線"で表現すると・・・

  • Oracle Database 18c Enterprise Edition + 有償Option
  • + マルチテナント構成のPDB
  • + MAA構成
  • + Elastic + Exadata
  • + Full Managed PaaS (+ Multi-AZ/AD deployment)

といえます。

autonomous_database_architecture_01.png

autonomous_database_architecture_02.png "オンプレOracle屋"からすると、アーキテクチャには特に奇をてらったところはありません。 逆にいうと、Oracle Databaseで培ったノウハウが注ぎ込まれた実績あるアーキテクチャといえます。

以下の点に留意してください。

  • Autonomous Databaseをデプロイすると、PDBが作成されます。
  • CPU数、ストレージサイズは動的に変更可能です。変更中にサービス停止は発生しません。
  • PDBにはサービス名を指定して接続します。サービス品質が異なる複数のサービスがあらかじめ用意されているため、サービス品質が要件にマッチしたサービス名を選んで接続します。

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

OCI(Oracle Cloud Infrastructure)コンソールが日本語化・・・否、多言語対応

渡部です。久しぶりにOCIコンソールにアクセスしてみたら、日本語化されていることに気づきました。これは嬉しい!

oci_console_01.png

「日本語化」と書きましたが、正確には「多言語化」対応というのが正しいでしょう。 日本語以外の全29言語に対応したようです。

実際、"Italiano"を選択すると、イタリア語で表示されます!(読めませんが・・・ ;-p)

oci_console_02.png

イベント告知です。2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00 Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Cloud Autonomous Databaseについてお話させていただきます。詳細は以下をご覧くださいませ。

Oracle Exadata Database Machine X8 発表

守田です。
まだUSサイトでしか確認できておりませんが、Oracle Exadata Database Machine X8(以下、Exadata X8)について
情報が公開されておりました。
Oracle Exadata Database Machine X8 exaX8.PNG

データシートを見る限り、Exadata X7と比べて気になった変更点をピックアップしてみました。

  • Storage Server に低コストオプション XT(Extended Capacity)モデル追加
  • Database Serverのディスクが1本 600GB -> 1.2TBに大容量化
  • Storage Serverのディスクが1本 10TB -> 14TBに大容量化

Storage Server XTモデルは、以下の特徴があるそうです。

  • Flashディスクなし。
  • Storage Server Software はオプション
  • メモリはEF/HCモデルに比べ半分。ディスク容量はHCモデルと同じ。

Exadata 低コスト化というより、Exadata Cloud Serviceも低コストで利用できるようにするオプションの1つなのかな・・・、とか思いました。

2019年4月11日

福岡でOracle Autonomous Databaseについて話します - Oracle Cloud Meetup 九州 #2 #OraCloudKyushu

渡部です。 イベント告知です。Oracle Cloud Meetup 九州 #2で Oracle Autonomous Databaseについてお話させていただきます。

oracloudkyushu2.png

前回のOracle Cloud Meetup 九州 #1には 聴講者として参加していたのですが、まさか自分が喋ることになるとは・・・ 少し驚いていますが、せっかくお誘いいただいたので お役に立てる内容をお伝えしたいと思います。

イベント情報

  • Oracle Cloud Meetup 九州 #2 - オラクルの最先端データベース特集!
  • 開催日時: 2019年04月24日(水) 18:30 ~ 21:00
  • イベントページURL: https://oraclecloudkyushu.connpass.com/event/125821/
  • 会場: 日本オラクル 九州オフィス 福岡市中央区天神1-12-7 (福岡ダイヤモンドビル 8F)

福岡近辺のOracle Databaseエンジニアの方、Oracle Cloudに興味がおありの方は是非 天神まで足をお運びくださいませ。:-)

# 福岡でのイベント登壇はMySQL Casual Talks in Fukuoka vol.6に続いてこれで2回目、意外と機会がないものですね。

2019年4月 9日

[再掲] 5/8(水) 午後 ORACLE MASTER Oracle Database 12c Gold試験対策セミナーやりますよ

渡部です。以前ご紹介した12c Gold試験対策セミナーですが、まだ若干お席に余裕があるようなので、あらためて告知します。

oracle-master-gold-oracle-database-12c-cover.jpg

オラクル試験を受験の際には、再受験無料キャンペーン 2019 を活用ください。 2019年5月31日までに試験を受験していれば、万が一落ちたとしても2回目の試験受験は無料です。

なお、セミナーの趣旨はORACLE MASTER Oracle Database 12c Gold試験対策ではありますが、 純粋にバックアップ/リカバリ、トランスポータブル表領域、マルチテナントについて勉強したい方に有益な内容なはずです。 非アップグレード版のORACLE MASTER Oracle Database 12c Gold試験は、 試験範囲がバックアップ/リカバリ、トランスポータブル表領域、マルチテナントに特化しているためです。

19cからSE-RAC(Standared Edition Oracle Real Application Clusters)はサポートされない?

渡部です。どうやらOracle Database 19cではSE-RAC(Standared Edition RAC)はサポートされないようです。

確かに"Database Licensing Information User Manual"でも以下とおり記載されています。

19c_se_rac.png

比較のため、18cマニュアルの該当箇所を以下に示します。

18c_se_rac.png

時間がないため乱筆恐縮ですが、いくつか補足をしておきます。

  • SE-RAC(Standared Edition RAC)は、EEの有償オプションであるOracle Real Application Clusters (Oracle RAC) をStandard Editionで、かつ、別途有償オプションを購入する必要なく利用できたため、高可用性を求めるOracle Database Standared Editionユーザーにとても人気がありました。
  • Oracle Database 19c は現在Exadata/Super Cluster向けのみリリースされています。オンプレミス環境などExadata/Super Cluster以外の環境向けにはリリースされていません。この件についてはExadata/Super Cluster以外の環境向けにOracle Database 19cがリリースされるタイミングでより詳しい情報が出てくると思われます。
  • Oracle Database 19cは、Oracle Database 12c R2ファミリーの最後のリリースであり、サポート期間が長い、いわゆる"Long Term Support Release"です。 旧バージョンのLong Term Support Releaseから最新のLong Term Support Releaseへアップグレードを計画しているSE-RACユーザー、 例えばOracle Database 11.2.0.4から Oracle Database 19cへアップグレードを計画しているSE-RACユーザーは、計画を再検討する必要が出てくるかもしれません。
  • 現在オラクル社はOracle Database Standared EditionユーザーにBYOLでのOracle Cloud Autonomous Databaseへの乗り換えを促進しています。この流れが今回のライセンス変更の背景にあるのかもしれません。

もし私の認識に誤りがある場合はTwitterなどでコメントください。また、追加情報がでたら本記事に追記するかもしれません。

修正履歴

  • 2019-04-13: リリースの通称を修正

投稿内容は個人の意見であり、所属企業・部門見解を代表するものではありません。

プロフィール

Ryota WATABE / 渡部 亮太

100x100.jpg

  • Oracle ACE
  • AWS Certified Solutions Architect - Associate
  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数
  • プロフィール詳細はこちら

Norio Morita / 守田 典男

Norio Morita

  • 新しもの好きな Oracle Fighter。
  • 保有資格 : ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数