KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、DPA(Database Performance Analyzer)に関するお役立ち情報を発信しています。
DPAの導入や監視設定にお役立ていただけます。

DPA監視ターゲット登録(SQL Server)

■概要
 本手順では、SQL ServerをDPAの監視ターゲットとして登録する手順を紹介します。

■前提条件
 ・DPAリポジトリが作成済であること

■導入手順
 ①ブラウザを起動し、下記URLにアクセスします。
   https://<DPAサーバー機能導入ホスト名>:8124/

 ②DPAコンソールが表示されたら、右上の『OPTIONS』をクリックします。
    

 ③Management Options画面が表示されたら、”Monitor Setup”欄の『Register』をクリックします。
    

 ④Database instance type画面が表示されたら、”Microsoft SQL Server”欄にある下記のいずれかを選択し、『Next』をクリックします。
   - I will create the monitoring user manually.
   - DPA will create/configure the monitoring user. Requires temporary access to a privileged user.
  本手順ではDPAでモニタリングユーザーも作成するとし、『DPA will create/configure・・・』を選択します。
    

 ⑤監視ターゲットのDB情報を入力します。
   ○入力情報
    - Server (Name or IP):監視対象SQL Serverが稼働するホスト名、またはIPアドレスを入力
    - Port:SQL Serverがリッスンするポート番号を入力
  また、SYSADMIN権限を有しているユーザーの情報を入力し、『Next』をクリックします。
   ○入力情報
    - Authentication:認証方式を指定
    - SYSADMIN User:SYSADMIN権限を有するユーザーを入力
    - Password:SYSADMIN権限を有するユーザーのパスワードを入力
  ※SYSADMIN権限を有するユーザーの情報は、本手順でモニタリングユーザーを作成する際にのみ使用され、DPA側で保持しません。
    

 ⑥監視ターゲット先に作成するモニタリングユーザーの情報を入力し、『Next』をクリックします。
   ○入力情報
    - Authentication: 認証方式を指定
    - Monitoring User:作成するモニタリングユーザー名を指定
    - Use Repository User’s Password:リポジトリユーザーと同じ和スワードを設定する場合に指定
    - Password:モニタリングユーザーのパスワードを指定
    

 ⑦DPAコンソール表示名を入力し、『Register Database Instance』をクリックします。
    

 ⑧完了メッセージ(画像赤線箇所)が表示されたら、監視ターゲットとしてSQL Serverを追加する手順は完了です。
    

 

DPAトップページに戻り、SQL Serverが監視ターゲットとして登録されていることを確認してください。