SE-RAC廃止に伴う代替ソリューション HA構成

コーソルのサービス

構築

HA構成構築支援

SE-RAC廃止に伴う代替ソリューション HA構成

01.Oracle 19cでのSE-RAC廃止

Oracle Database Standard Editionで高可用性を実現するための有力なソリューションとして、SE-RAC(Standard Edition RAC)がありましたが、SE-RACはOracle 19cで廃止されました。Oracle 19cは現時点で唯一の長期サポート対象リリースで、現行のOracleをバージョンアップする場合は一般に19cを選択します。
このため、現在SE-RACを使用している場合などの理由で、Oracle SEで高可用性を実現するためには、代替となる高可用性ソリューションが必要です。
Oracle SEで高可用性を担保するための構成として、コーソルではHA構成を推奨しています。

Oracle 19cでのSE-RAC廃止に伴う代替ソリューションにご興味のある方は、以下の資料ダウンロードボタンから説明資料もダウンロード可能です。
  説明資料名:19c SE-RAC廃止後のOracle後継ソリューション

 

02.HA構成とは

HA構成とはHigh Availability(高可用性)構成の略で、ハードウェア故障などの予期せぬ障害に備えるためシステムを構成する機器、ミドルウェアを冗長化し、可用性を高めた構成をさします。
機器、ミドルウェアを冗長化させることで、予期せぬ故障が発生した場合でもサービスのダウンタイムを最小化させることが可能です。
HA構成は機器の冗長化、クラスタリングなど様々な可用性を高めるための手段がありますが、コーソルの推奨するHA構成はクラスタリング製品を利用したクラスタ構成をターゲットとしています。

03.コーソルでご支援可能なクラスタ構成

コーソルでご支援可能なクラスタ構成ラインナップをご紹介します。

SEHA(Standard Edition High Availability)
Oracle 19c から廃止となったSE-RACの後継ソリューションとしてOracle Database 19c Release Update 19.7から無償提供されたOracle Database Standard Edition2限定ソリューションです。共有ディスク構成でのみ構成可能です。
提供元:日本オラクル
LifeKeeper
マルチプラットフォーム(物理/仮想/クラウド/HCI)で利用できるクラスタリング製品です。Oracle DatabaseだけでなくSQL ServerやMySQL、Apache、Tomcatといった様々な製品、機能を保護可能です。共有ディスク構成が必要です。
提供元:サイオステクノロジー
LifeKeeper + DataKeeper
マルチプラットフォーム(物理/仮想/クラウド/HCI)で利用できるクラスタリング製品です。Oracle DatabaseだけでなくSQL ServerやMySQL、Apache、Tomcatといった様々な製品、機能を保護可能です。
Active/Standbyサーバ間でハードウェアを完全に分離させた構成をとることが可能です。
提供元:サイオステクノロジー
Dbvisit Standby
Oracle Database Standard Editionをターゲットにした災害対策ソリューションです。災害対策ソリューションとして、Activeサーバ(Primaryサーバ)が災害、障害等で利用できなくなった際、専用の管理コンソールから簡単操作でStandbyサーバをActive化できます。Active/Standbyサーバ間でハードウェアを完全に分離させた構成をとることが可能です。
提供元:Dbvisit Software Limited

コーソルではクラスタ構成構築だけでなく、Oracle Database、LifeKeeper/DataKeeper、Dbvisit Standbyのライセンス販売も行っております。
製品ライセンスもご入用の際には、お問い合わせからお気軽にご相談ください。

 

04.クラスタ構成比較

Oracle SEHA LifeKeeper LifeKeeper + DataKeeper Dbvisit Standby
初期コスト 構築費用*1 ライセンス費用・保守費用・構築費用 ライセンス費用・保守費用・構築費用 ライセンス費用・構築費用*2
ランニングコスト 無償*1 保守費用 保守費用 ライセンス費用*2
製品サポート Oracle Databaseに包含*3 別途契約 別途契約 ライセンスにバンドル*2
必要なOracle Databaseライセンス数 片ノード分*4 片ノード分*4 両ノード分*5 両ノード分*5
共有ディスク要否 必須 必須 不要 不要
対応OS Windows/Linux/UNIX*6 Windows/Linux Windows/Linux Windows/Linux/UNIX*7
対応データベース Oracle Database 様々なデータベース 様々なデータベース Oracle Database
対応Oracle Databaseバージョン 19.7以降 10g以降 10g以降 10g以降
クラウド対応 未対応*8 対応可能 対応可能 対応可能
同期レベル 最終コミット 最終コミット 最終コミット/非同期 非同期
障害時の切り替え時間 数分 数分 数分 数分
管理コンソール
切替後アプリケーション接続先変更要否 不要 不要 不要 要*9
専用技術習得 要*10 無*11
アラート通知機能有無 メール通知 メール通知 メール通知
監視間隔カスタマイズ 不可
  • *1:Oracle SEHAの利用権はOracle Database Standard Edition2ライセンスにバンドルされているため、Oracle SEHA利用のためのコストは発生しません。
  • *2:Dbvisit Standbyはサブスクリプションライセンスであり、サブスクリプションに製品の利用権と製品保守を含みます。
  • *3:Oracle Database Standard Editoin2の保守窓口にSEHAも問い合わせ可能です。念のためSEHAの問い合わせも可能かを保守窓口に確認することをお勧めします。
  • *4:Oracleデータリカバリポリシーの『a) フェイルオーバーなどクラスタ環境を配置した環境』に準拠した構成の場合です。
  • *5:Oracleデータリカバリポリシーの『b) データやプログラム・ファイル(物理的 DB ファイル、バイナリー、実行可能ファイル等)のコピー、同期化、ミラーリング』に準拠した構成の場合です。
  • *6:2021年3月現在、UNIXはSolaris on SPARCのみ対応しています。
  • *7:UNIXはHP-UXのみ非対応です。
  • *8:2021年3月時点の情報です。
  • *9:各サーバに設定されたIPアドレス経由でアクセスする場合を想定しています。仮想IPアドレスを割り当てたロードバランサー経由でのアクセスの場合、アプリケーションの接続先変更は不要です。
  • *10:Oracle Real Application Clusters(RAC)の運用経験が無い想定です。RACの運用経験があれば追加での技術習得は不要です。
  • *11:操作は管理コンソールから行うこと、操作手順書、レクチャー、サポート体制を整えているため、専門技術の習得は不要です。

05.コーソルにクラスタ構成の構築を依頼するメリット

コーソルにLifeKeeperやSEHAの構築を依頼するメリットは、Oracle Databaseの設計・構築もあわせて実施できることです。
通常、クラスタウェア導入支援とOracle Database導入支援は別々の会社が担当することが常です。
これは、クラスタウェアに強い会社は得てしてOracle Databaseに精通していない、Oracle Databaseに精通している会社はクラスタウェアには精通していないという実情のためです。
そんな中コーソルはOracle Database、そしてクラスタウェアに精通した会社として、クラスタウェアとOracle Databaseの設計・構築を一括でご提供いたします。
すべてを弊社内エンジニアで対応いたしますので、クラスタウェアとOracle Database間の注意事項、共有事項もすべて弊社内でコミュニケーションし、結果のみご報告いたします。
これによりご依頼いただいた会社様の会社間調整工数は一気に解消できます。

  • 案件キックオフ
  • クラスタ製品ヒアリング
  • Oracle Databaseヒアリング
  • クラスタ製品設定書レビュー
  • Oracle Database設定書レビュー
  • クラスタ製品構築
  • Oracle Database構築
  • 連携試験
  • 各社の調整が大変・・・

:各社共通

:A社担当

:B社担当

  • 案件キックオフ
  • クラスタ製品ヒアリング
  • Oracle Databaseヒアリング
  • クラスタ製品設定書レビュー
  • Oracle Database設定書レビュー
  • クラスタ製品構築
  • Oracle Database構築
  • 連携試験
  • コーソルでミドルウェアを一括担当!

:各社共通

:コーソル担当

06.お問い合わせ

Oracle SEHA

01.作業の流れ

事前準備(5日~10日) コーソル お客様
環境設定書確認
環境設定書作成
弊社内事前準備  
作業(2日~3日) コーソル お客様
Grid Infrastructure導入  
Oracle Database製品導入  
ノード追加作業  
クラスタDB作成  
単体テスト  
簡易操作レクチャー
報告書作成(3日) コーソル お客様
報告書作成  
報告書納品
納品物
・環境設定書
・SEHA操作手順書
・支援報告書

02.システム要件

対応OS Windows
Linux:Redhat, SUSE, Oracle
UNIX:Solaris
対応エディション Oracle Database 19c Release Update 19.7以降

03.お問い合わせ

LifeKeeper/LifeKeeper + DataKeeper

01.作業の流れ

事前準備(5日~10日) コーソル お客様
キックオフ
パラメータシート作成
アクセプタンスチェックテスト仕様書作成
弊社内事前準備  
作業(2日~3日) コーソル お客様
LifeKeeper導入  
リソース作成  
アクセプタンスチェックテスト 〇;
報告書作成(3日) コーソル お客様
報告書作成  
報告書納品
納品物
・パラメータシート
・アクセプタンスチェックテスト(テスト仕様書兼結果報告書)
・運用手順書(オプション*1)
・復旧手順書(オプション*1)

 

  • *1:オプションは標準メニューの納品物には含まれません。
    手順書が必要な場合には別途御見積いたしますのでお申し付けください。

02.システム要件

対応OS Windows
Linux:Redhat, SUSE, Oracle, SentOS
対応エディション Oracle Database 10g以降

03.お問い合わせ

支援内容や構成の変更、概算見積もり等、お気軽にお問い合わせください。