KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、DPA(Database Performance Analyzer)に関するお役立ち情報を発信しています。
DPAの導入や監視設定にお役立ていただけます。

DPA(Database Performance Analyzer)とは

■概要

 DPAは1つの製品モジュールで様々なデータベース製品、DBaaS環境を1つの製品モジュールで監視できるデータベース監視製品です。
 マルチ環境、マルチデータベースを一元管理できることが大きな強みです。
 以下、DPAの特徴、ならびに監視可能なデータベース製品群をご紹介します。

 

 

■特徴

  • 1製品でマルチ環境・マルチデータベースを監視可能
  • 様々なデータベース製品を1画面で集中管理可能
  • エージェントレスなので、運用中環境への導入も容易
  • 監視対象DBサーバ側のリソース使用も1%未満
  • 待機時間にフォーカスした製品仕様
  • DBの専門家でなくても様々なデータベース製品のボトルネックを特定可能
  • アラート、日々の稼働状況を通知可能
  • システム更改があっても一貫して同じDPAで監視可能
  • シンプルなライセンス体系
  • 低価格で利用可能

 

 

■1製品で監視可能なデータベース製品群

< オンプレミス環境 / 仮想環境 / クラウドIaaS/PaaS環境 >

  ▽ Oracle Database
  ▽ SQL Server
  ▽ SAP ASE(Sybase)
  ▽ DB2
  ▽ MySQL
  ▽ MariaDB
  ▽ Percona
  ▽ PostgreSQL
  ▽ EDB Postgres

< クラウド マネージドデータベース(DBaaS)>

Amazon AWS
  ▽ Amazon RDS for Oracle Database
  ▽ Amazon RDS for SQL Server
  ▽ Amazon RDS for MySQL
  ▽ Amazon RDS for MariaDB
  ▽ Amazon RDS for PostgreSQL
  ▽ Amazon Aurora for MySQL
  ▽ Amazon Aurora for PostgreSQL

Azure
  ▽ Azure SQL Managed Instance
  ▽ Azure SQL Database
  ▽ Azure SQL for PostgreSQL

Google Cloud(GCP)
  ▽ Google Cloud SQL for SQL Server
  ▽ Google Cloud SQL for PostgreSQL

 

 

より詳しい情報を知りたい方は、以下をご参照ください。

DPA製品紹介ページ
資料ダウンロードページからDPA製品紹介資料ダウンロード