株式会社コーソル

コーソルDatabaseエンジニアのブログ

技術ブログ

Oracle Autonomous Data Warehouse CloudとRedShiftの価格比較

渡部です。これは、(全部俺) Oracle Cloud Infrastructure Advent Calendar 2018の18日目のエントリです。

最近のOracle OpenWorldではお約束気味になっていますが、今年のOracle OpenWorld 2018でもラリーエリソン氏からAWSを意識(挑発?)した発言がたくさんありました。 以下は Oracle OpenWorld 2018 のキーノートスピーチで Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud(以下ADWC)とAmazon Redshift(以下Redshift)の価格性能比を比較していた箇所です。 ( https://www.oracle.com/database/autonomous-database.html より)

1218_adwc_redshift.png

Oracle Autonomous Data Warehouse Cloudがリリースされてしばらく時間がたっていますが、 個人的に気になっていた部分でもあるので、Advent Calendarの機会を生かして Oracle Autonomous Data Warehouse CloudとRedShiftの価格体系と実際の価格について調べてみようと思います。

ADWCの価格体系

まず、ADWCの価格体系についてです。

上記を参考にポイントをまとめます。

  • ストレージ(データを保管する部分)とインスタンス(起動する部分)が別々に課金されます。
  • ストレージは TB・月 単位で課金されます。
    • 検証の観点(自分の観点!)ではもう少し粒度の細かい単位で課金してほしいところですが、いろいろ事情があるのでしょう・・・
  • インスタンスは OCPU・時間 単位で課金されます。

Redshiftも含めて、表形式でまとめたのが以下です。Redshiftは課金やスケールアップがノード単位である点がとても特徴的です。

1218_adwc_redshift2.png

価格比較

では価格比較すべく、いざ計算!と思ったところ、ちょうど良いレポートを見つけました 🙂

  • Fast and Furious Analytics - A Head to Head Cloud Data Warehouse Solutions Comparison
    Viscosity North America released their findings today, from a series of benchmark tests that compare Amazon's Redshift (Redshift) and Oracle's Autonomous Data Warehouse Cloud (ADW).
    http://viscosityna.com/data-warehouse-comparison-redshiftadw/
    ※:要メールアドレス登録

なお、比較対象としているスペックは、Oracle OpenWorld 2018 のキーノートスピーチでの比較とほぼ同じです。 (もしかしてこれが元ネタなのだろうか・・・)

  • ADWC : 16 OCPU
  • Redshift : ds2.xlarge 8ノード(= 8 x 4 vCPUs = 32 vCPUs)

このレポートを見る限り、以下が言えそうです。

  • 性能 : ADWCがRedshiftの4倍程度の処理速度
  • 価格 : 割引なしでADWCがRedshiftの7倍程度、ただし、割引(Monthly Flex)を使用すると4倍強程度まで差が縮まる。さらにオンプレミスのライセンスをBYOLすると、同程度になる
    • もちろん、オラクルの場合、これ以外にいろいろ正規以外の割引もあるでしょうから、;-p この数字は参考程度に考えるべきかもしれません。
    • ADWCの費用にはいわゆるテクニカルサポートの費用が含まれます。Redshiftの費用には含まれません。
    • Redshiftにも、リザーブドインスタンスという割引がありますが(1年分先払いで40%OFF)、ノードタイプとリージョンに紐づいており、Monthly Flexに比べると柔軟性がとても低いです。

いわゆる正価ベースで単純に価格を比較すると、どうしてもADWCの費用が大きくなってしまいますが、 割引を適用すると差は縮まり、性能を考慮するとADWCの方が優れている! というのがレポートの主張のようです。

トータルでどう考えるか

価格や価格性能比は正直インパクトがありキャッチーな論点ですが、データウェアハウスの1面にすぎません。 実際のサービス選定ではトータルで評価することになるでしょう。

そもそも、従来のデータウェアハウスシステムと比べるとADWCは非常に低コストです。 ADWCをRedshiftと比較する形をとると、どうしてもコスト面のアピールが弱くなりますが、 Oracle Databaseのこれまでの歴史で培ってきた以下の利点も含めて総合的に判断するべきでしょうね。

  • 高度なSQLサポート
  • ゼロダウンタイム パッチ適用
  • 多ユーザー使用時の優先制御(リソースマネージャ)
  • きめ細やかなセキュリティ制御

#ADWC評価したいなぁ、どなたかPoCやらせてくれる方いらっしゃいませんかね・・・(自腹だと月額最小で$222の縛りがキツイ・・・)

プロフィール

On7tWW6m1Ul4

渡部 亮太

・Oracle ACE
・AWS Certified Solutions Architect - Associate
・ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

68LD3LWce1j8

守田 典男

・新しもの好きな Oracle Fighter。
・保有資格 : ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

カテゴリー

アーカイブ