株式会社コーソル

コーソルDatabaseエンジニアのブログ

技術ブログ

Oracle SE-RAC廃止後の後継ソリューション資料公開

Oracle SE-RAC廃止後の後継ソリューション資料公開

渡部です。 ご存じの方も多いかとは思いますが、Oracle 19cでのSE-RACが廃止されました。Oracle 19cは長期サポート対象リリースであるため、既存のSE-RACユーザーに与える影響は甚大です。

Oracle Database 19c では、SE2でRACはサポート対象外

これをうけて、SE-RAC廃止後の後継となりうるソリューションについてのセミナー資料を、対外公開用に加筆/修正して公開しました。 以下のURLからダウンロードできます(要メールアドレスなど登録)。

資料の構成

  • SE-RACとは何か
  • 19cにおけるSE-RAC廃止
  • 19c SE-RAC後継ソリューションの紹介
    • Oracle SE非継続路線
    • シングル構成
    • HA構成
      • a) Oracle SEHA
      • b) 3rd Partyクラスタリングソフトウェア製品を用いたHA構成
      • x) 論理レプリケーション製品を用いたHA構成
    • DR構成
  • SE2-RAC後継ソリューションまとめ+独断的 ソリューション選択方法

スライド抜粋

SE-RAC後継ソリューションの方向性

SE-RAC後継ソリューションの方向性としては、以下の6つが考えられます。

  • Oracle SE継続路線
    1. シングル構成に変更
    2. HA構成に変更
    3. DR構成に変更
  • Oracle SE非継続路線
    1. Enterprise Editionに移行
    2. クラウドPaaS系サービスに移行
    3. 他RDBMS製品に移行

Oracle SE継続路線

Oracle SE継続路線は、構成に応じて特徴が異なります。 あらためてデータベースに求められる要件を再検討し、最適な構成を検討することになります。

HA構成(=Active-Standby型HA構成)とは

  • クラスタリングソフトウェアを導入した2つのDBサーバを用意し、いずれかのDBサーバでOracleインスタンスを起動することで高可用性を実現
    • 通常、本番系(Active)ではOracleインスタンスが起動する
    • 本番系停止時は、待機系(Standby)でOracleインスタンスが起動し、これが新たな本番系となる
  • 共有ディスクにデータベースを配置して、 2つのDBサーバのどちらからもアクセスできる構成にする点が特徴的
    • 共有ディスク不要のソリューションもあり

シングルライタ構成とマルチライタ構成

論理レプリケーション製品を用いたHA構成では、シングルライタ構成とマルチライタ構成をとることができます。

Oracle DR構成に変更

  • 物理レプリケーション技術により、スタンバイDBに変更を伝搬
    • 通常、Dbvisit Standbyなどの製品を使用する
    • Data Guardと類似した機構
  • スタンバイDBを遠隔地に配置することで、サイト障害に耐えうる高可用性を実現可能
  • 一定間隔でまとめて変更を伝搬するため、障害発生時には更新ロスが発生する
    • アーカイブログファイルの転送+適用

最後に

本資料が、SE-RAC後継ソリューションの選定における参考になれば幸いです。 本資料に記載されたソフトウェアの購入および導入が必要な場合、ぜひ弊社にお声がけくださいませ。

プロフィール

On7tWW6m1Ul4

渡部 亮太

・Oracle ACE
・AWS Certified Solutions Architect - Associate
・ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

68LD3LWce1j8

守田 典男

・新しもの好きな Oracle Fighter。
・保有資格 : ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

カテゴリー

アーカイブ