KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Spotlight on SQL Server Enterpriseインストール手順

■概要
 Spotlight on SQLServer Enterprise(以下、Spotlight)は、SQL Serverのモニタリングツールです。
 Spotlightを使うと、SQL Serverが稼働するOSの状態をグラフィカルに可視化できます。
 Spotlightの特徴は、SQL ServerやOSをレイヤーで表示し、レイヤー間の動作を色分けして表示することで、
 一目で異常な状態(赤色)、該当レイヤーを見分けることができる点です。

■利用可能エディション
 Spotlight on SQL Server Enterprise

■製品コンポーネント
 Spotlightは次のコンポーネントから構成されます。
   Spotlight Diagnostic Server:
     Spotlightデータを収集するコンポーネントです。
     常に起動しているホストへ導入することが推奨です。
   Spotlight Client:
     Spotlightデータを表示するコンポーネントです。
     SQL Serverの稼働状態を表示させたい端末に導入します。
   Playback Database:
     SQL Serverインスタンス内に作成する直近のデータを蓄積するデータベースです。
     デフォルトのデータ保持期間は7日間です。
   Spotlight Statistics Repository:
     SQL Serverインスタンス内に作成するレポーティング用データを蓄積するデータベースです。
     デフォルトでは無効になっています。
     有効にした場合のデフォルトのデータ保持期間は30日間です。

 本手順では、上記コンポーネントを同一筐体に導入するインストール手順を説明します。

■インストール手順
前提
 ・SQL Serverが稼働状態であること
 ・事前にSpotlight on SQL Server Enterprise製品モジュールをダウンロード済であること

 1) ダウンロードしたSpotlight on SQL Server Enterprise製品モジュールを右クリックし、
   『管理者として実行』を選択し、インストーラーを起動する。

図1:インストーラーアイコン

 2) Spotlight Enterpriseのインストールタイプを選択する。
    Typical      :Spotlight ClientとDiagnostic Serverを選択インストール可能
    Compact     :ローカルPCにSpotlight ClientとDiagnostic Serverをインストール
    Deployment Guide :導入ガイドを表示
    Release Notes   :このバージョンのリリースノートを表示
    Sizing Wizard   :対話式で進めるサイジング・ウィザードを起動
    Watch Video   :インストール方法のビデオデモを表示
   ここでは、『Compact』を選択する。

図2:Welcome画面

 3) Software Transaction Agreementが表示されたら、『I accept the license agreement』を
   選択し、『Next』をクリックする。

図3:ソフトウェア取引契約画面

 4) Help improve Spotlight画面が表示されたら、以下を判断したのち、『Next』をクリックする。
    Provide user experience feedbackにチェック   :ユーザ体験をフィードバックする
    Provide user experience feedbackのチェックを外す:ユーザ体験をフィードバックしない

    参考:フィードバックされるデータ
     - Windows、データベース、サーバのバージョン等のプラットフォーム情報
     - 使用しているSpotlight機能
     - Spotlightエラー
    ※個人を特定できる情報は収集されない
    ※使用しているアプリケーションを識別するコード、SQLは収集されない
    ※営業担当者からの連絡が入ることもない
   ここでは『Provide user experience feedback』を有効にした状態とする。

図4:ユーザ体験フィードバック選択画面

 5) Install location画面が表示されたら、Diagnostic Server、Spotlight Clientの導入先を指定し、『Next』をクリックする。
   ここではデフォルトの場所に導入する。

図5:インストール場所設定画面

 6) Diagnostic Server Account画面が表示されたら、アカウント情報を入力し、『Next』をクリックする。
    Use a domain user account  :ドメインアカウント情報を指定
    Use the local System account :ローカルPCアカウントを使用
   ここでは、『Use the local System account』を選択する。

図6:利用アカウント入力画面

 7) Configure Playback Database画面が表示されたら、下記情報を入力し、『Create』をクリックする。
    Instance            :”ホスト名\インスタンス名”の形式で記載
    Use Windows Authentication  :OSにログオンしているユーザでの認証
    Use SQL Server Authentication :指定したユーザ/パスワードでの認証
    Database            :Playback Databaseの名称を指定(任意)
   ここでは、Instanceに”56-00821\COSOL”、認証は”Use Windows Authentication”、
   Databaseはデフォルトの名称を指定する。

図7:Playback Database作成画面1

 8) Create Playback Database画面が表示されたら、認証方式を指定し、『Create』をクリックする。
    Use Windows Authentication  :OSにログオンしているユーザでの認証
    Use SQL Server Authentication :指定したユーザ/パスワードでの認証
   ここでは『Use Windows Authentication』を選択する。

図8:Playback Database作成画面2

 9) 下記メッセージが表示されることを確認したら、『OK』をクリックする。

図9:Playback Database作成成功画面

 10) Playback Database作成が完了したら、『Next』をクリックする。

図10:Playback Database作成画面1

 11) インストールサマリ画面が表示されたら、内容を確認後、『Start』をクリックする。
   『スタート』クリック後、インストールが開始される。

図11:インストールサマリ画面

 12) “Finished”が表示されたら”Launch Spotlight”のチェックを外し『Finish』をクリックする。

図12:インストール完了画面

 13) Windowsスタートメニューから『サービス』を起動する。
   起動したら”Spotlight Diagnostic Server”を見つけ、停止を行う。

図13:Windowsサービス画面(停止)

 14) 次に”Spotlight Diagnostic Server”を『右クリック』し、『プロパティ』をクリックする。

図14:Windowsサービス画面(プロパティ)

 15) プロパティ画面が開いたら、『ログオン』タブをクリックする。
   デフォルトでは『ローカル システム アカウント』が選択されているが、
   『アカウント』をクリックし、下記情報を入力する。
    アカウント     :Administrator権限を保有するアカウントを指定
    パスワード     :指定したユーザのパスワードを入力
    パスワードの確認入力:指定したユーザのパスワードを再入力
   情報入力後、『OK』をクリックする。

図15:サービスプロパティ画面

 16) サービス画面に戻り、”Spotlight Diagnostic Server”を『右クリック』し『開始』をクリックする。

図16:Windowsサービス画面(開始)

 17) デスクトップ上のSpotlight Enterprise のアイコンをクリックし、Spotlightを起動する。

図17:Spotlightアイコン

 18) SpotlightのHeat Map画面が表示され、DIAGNOSTIC SERVERが緑色であれば
   Spotlight ClientからDiagnostic Serverへ正常にアクセスができている。

   ※DIAGNOSTIC SERVER、WINDOWS、SQL SERVERで緑色以外の色(青色/赤色)で表示された場合、
    何かしらの警告やエラーが発生しているため、
   エラーが発生しているコンポーネントにカーソルを合わせ、表示されたエラーの調査、
   サポートへの問い合わせを行ってください。

図18:Spotlight Heat Map画面

以上でSpotlight on SQL Server Enterpriseのインストールは完了です。
Spotlight on SQL Server Enterprise内のアイコンや項目を選択し、可視化されたDB稼働状況をご確認ください。
さらにToad for SQL Serverと組み合わせて利用することで、Spotlightで見つけた遅延SQLを
Toad for SQL Serverでチューニングすることも可能です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - Spotlight on SQL Serverの構成について
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら