KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Data Compare機能による2つのテーブルの差異を確認する手順

■概要
 Toadでは、2つのテーブル間のデータの差異を確認することができるData Compare機能があります。
 本番環境から開発環境などにテーブルをコピーして使用している環境やレプリケーションツールなどを
  使用してテーブルを同期している環境もあると思いますが、この機能を使用してテーブルのデータに差異が
  ないかを確認することができます。
  Data Compare機能を利用して、DBAにかける工数削減を図ってください。

■利用可能エディション
 Toad for SQL Server Professional Edtion
 Toad for SQL Server Xpert Edition
 Toad for SQL Server Developer Editoin

■データ生成手順
 1) デスクトップ上の『Toad for SQL Server』アイコンをダブルクリックしToad for SQL Serverを起動する。

図1:Toad for SQL Serverアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックすると、
   Toad for SQL Serverトップ画面が表示される。
    必要な情報
     - Server name
     - Authentication
     - Database

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for SQL Serverトップ画面

 3) Toadトップ画面が表示されたら、メニューから[Tools] – [Compare] – [Data Compare]をクリックする。

図4:Data Compare起動

 4) Specify Source and Target Databases画面が表示されたら、対象テーブルのソースとターゲットのデータベースを選択する。
   ソースデータベース(①)、ターゲットデータベース(②)を選択し、『Next』 (③) をクリックする。

図5:Specify Source and Target Databases画面

 5) Map Source Objects To Target画面で比較するターゲット側のテーブルを選択(④)する。
   選択完了後、『Next』 (⑤) をクリックする。

図6:Map Source Objects To Target画面

 6) Select Compare Options画面で比較除外項目の選択(⑥)ができる。
   ここではデフォルトのまま、『Compare』 (⑦) をクリックする。

図7:Select Compare Options 画面

 7) New Comparison Wizard Compelete画面で一致しないレコードの数が表示(⑧)される。
   『Finish』(⑨)をクリックする。

図8:New Comparison Wizard Compelete画面

 8) Data Compare New Comparisonタブで差異が確認できる。
   ⇨がソースのみ存在するレコード、⇦がターゲットのみに存在するレコード、=(イコール)が双方に存在する
   レコードを表す。

図9:Toad for SQL Serverトップ画面

Data Compare手順は以上です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら