株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Schema Compare機能による2つのデータベースのオブジェクトの差異を確認する手順

■概要
 Toadでは、2つのデータベース間のオブジェクトの差異を確認することができるSchema Compare機能があります。
 本番環境を複製した開発環境などを作成している環境は多いと思いますが、テーブル、インデックスなどの
 データベースオブジェクトに差異がないかを一括で確認するのに役立ちます。
  Schema Compare機能を利用して、DBAにかける工数削減を図ってください。

■利用可能エディション
 ※比較対象がソース:ターゲットで1:1の場合
 Toad for SQL Server Professional Edtion
 Toad for SQL Server Xpert Edition
 Toad for SQL Server Developer Editoin
 
 ※比較対象がソース:ターゲットで1:Nの場合
 Toad for SQL Server Xpert Edition
 Toad for SQL Server Developer Editoin

■データ生成手順
 1) デスクトップ上の『Toad for SQL Server』アイコンをダブルクリックしToad for SQL Serverを起動する。

図1:Toad for SQL Serverアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックすると、
   Toad for SQL Serverトップ画面が表示される。
    必要な情報
     - Server name
     - Authentication
     - Database

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for SQL Serverトップ画面

 3) Toadトップ画面が表示されたら、メニューから[Tools] – [Compare] – [Schema Compare]をクリックする。

図4 :Schema Compare起動

 4) Welcome to the Schema Compare Wizard画面が表示されたら、『Next』をクリックする。

図5 : Welcome to the Schema Compare Wizard画面

 5) Specify Source and Target Databases画面が表示されたら、Sourceのデータベースを選択するため『Add』をクリックする。

図6 : Specify Source and Target Databases画面

 6) 次にソースデータベースの情報を入力。
    ソースデータベース への接続情報を選択(①)し、下に表示されるデータベースの一覧でソースデータベース名を選択(②)する。
    選択が完了したら、 『OK』 (③) をクリックする。

図7 : データベース選択画面

 7) Specify Source and Target Databases画面が表示されたら、ターゲットのデータベースを選択するため『Add』をクリックする。

図8 : Specify Source and Target Databases画面

 8) 次にターゲットデータベースの情報を入力。
    データベースの一覧でソースデータベース名を選択(④)する。
    選択が完了したら、 『OK』 (⑤) をクリックする。
    ※ここでは、同一インスタンス上のデータベースを比較していますが、ターゲットデータベースのインスタンスが異なる場合は、 手順6)①のようにターゲットデータベース用の接続情報を指定してください。

図9 : データベース選択画面

 9) Specify Source and Target Databases画面に戻ったら、 『Next』をクリックする。

図10 : Specify Source and Target Databases画面

 10) Select Objects画面で比較対象のオブジェクトを選択する。すべてのデータベースオブジェクトを比較する場合には、そのまま『Next』をクリックする。

図11 : オブジェクト選択画面

 11) Select Comparison Options画面で除外する比較項目を選択する。ここでは、そのまま『Next』をクリックする。

図12 : Select Comparison Options画面

 12) Schema Comparison画面で比較状況が表示される。エラー等がでていなければ、そのまま『Next』をクリックする。

図13 : Schema Comparison画面

 13) Schema Compare Wizard Compelete画面で一致しないオブジェクトの数が表示される。『Finish』をクリックする。

図14 : Schema Compare Wizard Compelete画面

 14) Schema Compare Schema Comparisonタブで差異が確認できる。ここでは例としてTableの差異を確認する。Tableの▶をクリックし、差分情報を表示する。

 15) 差異が発生しているテーブルを選択すると、下のScriptのウィンドウにテーブル定義が表示される。

Schema Compare手順は以上です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら