株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Spotlightのレプリケーションダッシュボードで同期の遅延/障害状況をモニタリングする

■概要
 Spotlight on SQL Server Enterprise(以下、Spotlight)では、レプリケーションダッシュボードでレプリケーションの同期の状況をモニタリングすることができます。
 Publisher、Distributer、Subscriberのどこで遅延や障害が発生しているか一画面で確認できますのでレプリケーションにおける問題解決に有益な機能です。

■構成手順
 1) Spotlightを起動し、Replication(①)をクリックし、ヒートマップの画像(②)をクリックする。

図1 Spotlight TOP画面

 2) Spotlight Connection Manager画面にて、Add new connectionをダブルクリックする。

図2 Spotlight Connection Manager画面①

 3) 接続情報のポップアップが表示されるので、Address(①)にレプリケーション先のサーバーのIPもしくはホスト名を入力し、『OK』ボタンを押下する。

図3 接続情報ポップアップ

 4) Spotlight Connection Manager画面に戻るので、追加した接続を選択し、Diagnose(②)ボタンを押下する。

図4 Spotlight Connection Manager画面②

 5) SpotlightのTOP画面に戻り、Replicationのリストに追加されていることを確認する。追加されたIPもしくはホスト名をクリックするとレプリケーションダッシュボードが表示される。遅延や障害が発生すると緑色→黄色→赤色と変化し、視覚的にどこで問題が発生しているかがすぐに確認できる。

図5 レプリケーションダッシュボード

以上で、レプリケーションダッシュボード設定手順は終了です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - Spotlight導入要件
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - Spotlightでレポーティング機能を有効にするためのリポジトリ構成手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら