株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Spotlightの分析サービスを利用してDBアクティビティ・OSパフォーマンス情報を分析する

■概要
 Spotlight on SQL Server Enterprise(以下、Spotlight)では、分析サービスという機能があります。DBへの接続等のアクティビティ情報やOS(CPU、メモリ、IO)パフォーマンス情報を分析サービス概要ページからドリルダウンして分析することができます。

■構成手順
 1) Spotlightを起動し、Analytics Services(①)をクリックし、ヒートマップの画像(②)をクリックする。

図1 Spotlight TOP画面

 2) Spotlight Connection Manager画面にて、Add new connectionをダブルクリックする。

図2 Spotlight Connection Manager画面①

 3) 接続情報のポップアップが表示されるので、Address(①)にレプリケーション先のサーバーのIPもしくはホスト名を入力し、ConnectionにOSへの接続情報(②)を選択し、『OK』(③)ボタンを押下する。

図3 接続情報ポップアップ

 4) Spotlight Connection Manager画面に戻るので、追加した接続(①)を選択し、Diagnose(②)ボタンを押下する。

図4 Spotlight Connection Manager画面②

 5) SpotlightのTOP画面に戻り、Analytics Servicesのリストに追加されていることを確認する。追加されたIPもしくはホスト名をクリックすると分析サービスの概要ページが表示される。

図5 分析サービス概要ページ

 6) 接続情報のドリルダウンを行うには、Connectionsの各項目を右クリックしてShow Details→Connectionsをクリックする。

図6 Connections詳細へのドリルダウン

 7) 現在のDBへの接続情報一覧が表示される。ここで長時間接続している接続の詳細や長時間実行しているSQL等の情報を参照できる。

図7 Activity情報一覧画面

 8) 同様にメモリ情報のドリルダウンを行うには、Memoryの各項目を右クリックしてShow Details→Memoryをクリックする。

図8 Memory詳細へのドリルダウン

 9) 各種メモリ関連情報のグラフが表示される。どのような推移が起きていたか確認することができる。

以上で、分析サービス設定手順は終了です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - Spotlight導入要件
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - Spotlightでレポーティング機能を有効にするためのリポジトリ構成手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら