株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】SQLを自動チューニングできる簡易SQL Optimizer利用手順

■概要
 SQL Optimizerは、SQL文を簡単操作で自動チューニングする機能です。
 SQL Optimizerでは実行計画を変化させることで性能改善を図ることを目的としており、実行計画を変化させるためのSQLチューニングを行います。
 SQL Optimizerの起動方法は2種類あります。
   簡易版:Toad for Oracle画面から起動 ★
   本体版:製品名を指定して起動
 ★:本手順は簡易版の実行手順です。

 手順内でAuto Optimize SQLという用語が出てきますが、SQL Optimizerと同義ですので、適宜読み替えてください。

■利用可能エディション
 Toad for Oracle Xpert Edition
 Toad for Oracle Developer Edition
 Toad for Oracle DBA Edition
 Toad for Oracle DBA RAC Edition
 Toad for Oracle DBA Exadata Edition

■利用手順
 1) デスクトップ上の『Toad for Oracle』アイコンをダブルクリックしToad for Oracleを起動する。

図1:Toad for Oracleアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックする。
   必要な情報
    - DBユーザ名
    - DBユーザパスワード
    - DBへの接続識別子

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for Oracleトップ画面

 3) Toad for Oracleトップ画面が表示されたら、エディタにチューニングしたいSQL文をペーストする。

図4:チューニングSQL貼り付け

 4) ペースト完了後、マウスを右クリックし、ランチャーの『Optimize』->『Auto Optimize SQL』をクリックする。

図5:Auto Optimize SQL選択

 5) Auto Optimize SQL設定画面が表示されたら、Search Depthのマーカーを『左』に移動し、『OK』をクリックする。

図6:Auto Optimize SQL実行オプション選択画面

 6) Auto Optimize SQL実行画面が表示され、SQLチューニングが開始される。
   チューニングが完了し、最適なSQLが表示されたら、『Compare Alternatives』をクリックし、オリジナルSQLと最適SQLのSQL文、
   実行計画を比較する。

図7:Auto Optimize SQL実行結果画面

以上でSQLチューニングが完了です。
チューニングされたSQL文をオリジナルSQLと差替えることで性能が向上します。

本機能は以下の用途で活用できます。
 - SQLチューニングの仕方が分からない方向け
 - SQLチューニングの工数を削減したい方
 - SQL文の性能品質が求められるシーン
 - 開発者側のSQL性能品質を均一化したい

SQL Optimizerを利用される場合、次のTipsもございます。
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer利用手順
 - SQLの索引を最適化するOptimize Indexes利用手順
 - 複雑なSQL文をシンプルに書き換えるRefactor利用手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら