KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】製品導入要件

■概要
 本書では、Toad for Oracle導入にあたってのClient(Toad for Oracle導入先)要件、
 Server(Toad for Oracle接続先)要件を記載しています。
 本内容は各バージョンのリリースノートに記載の要件を転記したものです。
 本内容はToad for Oracle 13.3の情報です。

 リリースノートは下記手順で確認ができます。
  1) 技術文書ページにアクセスする
     https://support.quest.com/ja-jp/technical-documents
  2) ページ中ほどの【 製品を選択して技術文書の一覧を表示する 】欄に Toad for Oracle と入力する。
    その後、入力欄右の【右三角】をクリックする。
  3) 技術文書が表示されたら、 Toad for Oracle 13.3 Release Notes をクリックする。

■Toad導入先(Client)要件

図1:Toad for Oracle Client側システム要件

■Toad接続先(Server)要件

図2:Toad for Oracle Server側要件

■追加要件

図3:Toad for Oracle 追加要件

■仮想化サポート

図4:Toad for Oracle 仮想化サポート情報

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - エディション別利用可能機能一覧
 - Toad for Oracleインストール手順
 - ライセンスキー変更手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら