KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】Spotlight on OracleでMySQLを監視する手順

■概要
 Spotlight on OracleではOracle Databaseのリアルタイム監視を得意としていますが、
 実はMySQLの監視を行うことも可能です。
 Spotlight on Oracleの利用権を保持していれば、追加費用がかからずMySQLの監視も行えます。

■利用可能エディション
 Toad for Oracle DBA Edition
 Toad for Oracle DBA RAC Edition
 Toad for Oracle DBA Exadata Edition
 Spotlight on Oracle Professional
 Spotlight on Oracle Professional W/RAC

■セットアップ手順

前提:
 ・Spotlight on Oracleのセットアップが完了していること
  ※セットアップが完了していない方は、【Toad for Oracle】Spotlight on Oracleセットアップ手順をご参照ください

 1) デスクトップ上の『Spotlight on Oracle』アイコンをダブルクリックしSpotlightを起動する。

図1:デスクトップアイコン

 2) Spotlight画面が表示されたら、『Connect』ボタンをクリックする。

図2:Spotlightトップ画面

 3) Spotlight Connection Manager画面が表示されたら『Spotlight on MySQL』を選択後、
   表示された『Add new connection』をダブルクリックする。

図3:Connection Manager画面

 4) New connection Properties画面が表示されたら、下記情報を入力し、『Connect』をクリックする。
    MySQL Connection Details
     Connection name    :任意の名称を指定
     Host           :監視対象MySQLが稼働しているホスト名を指定
     Username        :MySQLユーザ名を指定
     Password        :MySQLユーザのパスワードを指定
     Port           :MySQL接続ポートを指定
     Database        :接続先データベースを指定
    OS Connection Details
     Address         :監視対象MySQLが稼働しているホスト名を指定
     OS Type         :OSタイプを選択
     Username        :OSログインユーザ名を指定
     Password        :OSログインユーザのパスワードを指定

図4:Properties画面

 5) その後、MySQL監視ホーム画面が表示されたら設定完了。
   赤枠にあるアイコンをクリックすると、Top Sessionsや様々なActivityを見ることができる。

図5:MySQL監視ホーム画面
図6:Top Sessions画面
図7:各種Activity画面

以上でSpotlight on OracleでのMySQL監視セットアップは完了です。
可視化されたMySQLの稼働状況をご確認ください。

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら