株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】Spotlight on Oracleセットアップ手順

■概要
 Spotlight on Oracleは、Oracle Databaseの稼働状況をグラフィカルに確認できる機能です。
 特徴的なのは、監視対象のパフォーマンス状態が色分けされて表示される点です。
   - 緑色:正常
   - 黄色:ややボトルネック
   - 赤色:ボトルネック
 従来はCPU使用率-> スワップ状況->ディスクIOとボトルネック特定に各項目を都度見ていましたが、
 Spotlight on Oracleでは赤色の箇所があるか否かを確認するだけでどこにボトルネックがあるのかが
 一目で判別できます。
 さらに赤色箇所もクリックすることでより詳細情報(ドリルダウン)に飛ぶことができます。

 そんなSpotlight on Oracleですが、利用できる状態にするまでに一手間必要です。
 本手順ではSpotlight on Oracleのセットアップ手順をご紹介します。

 なお、Spotlight on Oracleはエージェントレスタイプの監視製品ですので、DBサーバにエージェントの導入は不要です。
 ただし、DB内に専用オブジェクトを多数作成しますので、利用時には専用ユーザを作成し、
 そのユーザ内にSpotlight用オブジェクトを作成することをお勧めいたします。
 これは、Spotlightでの監視をやめたいといった場合など、専用ユーザをドロップするだけで
 Spotlight用オブジェクトをすべて削除できるためです。

図1:OSモニタリング画面
図2:Oracle Databaseモニタリング画面

■利用可能エディション
 Toad for Oracle DBA Edition
 Toad for Oracle DBA RAC Edition
 Toad for Oracle DBA Exadata Edition
 Spotlight on Oracle Professional
 Spotlight on Oracle Professional W/RAC

■セットアップ手順
 1) デスクトップ上の『Spotlight on Oracle』アイコンをダブルクリックしSpotlightを起動する。

図3:デスクトップアイコン

 2) Spotlight画面が表示されたら、『Connect』ボタンをクリックする。

図4:Spotlightトップ画面

 3) Spotlight Connection Manager画面が表示されたら『Spotlight on Oracle』を選択後、表示された『Add new connection』をダブルクリックする。

図5:Connection Manager画面

 4) New connection Properties画面が表示されたら、下記情報を入力し、『Test』をクリックする。
     Connection name    :任意の名称を指定
     Connection String    :Spotlight接続で使用する接続定義を選択
     Oracle Username    :DBユーザ名を指定 ※推奨はsystem
     Oracle Home      :Oracle Homeを選択
     ASM connection details :Single、HA環境の場合チェックを外す
     OS Server        :OSホスト名を指定
     OS Type         :OSタイプを選択
     OS Username      :OSユーザ名を指定

図6:connection Properties画面

 5) 『Test』ボタンクリック後、DBユーザとOSユーザのパスワードを入力し、『OK』をクリックする。
   Test結果がいずれも”successfully”であることを確認し、『Close』をクリックする。

図7:接続テスト画面

 6) New connection Properties画面に戻ったら、『Connect』をクリックする。

図8:connection Properties画面

 7) 『Connect』ボタンクリック後、DBユーザとOSユーザのパスワードを入力し『OK』をクリックする。

図9:接続ユーザパスワード入力画面

 8) 『Connect』ボタンクリック後、Spotlight on Oracleトップ画面が表示されたら接続完了

図10:Spotlight監視トップ画面

 9) 下記ダイアログが表示された場合には『OK』をクリックし、以降の追加手順を実施する。

図11:ダイアログ画面

 10) 『Install Object in my Schema』をクリックする。

図12:アクション選択画面

 11) DBAロールを保持したユーザを指定し、『Next』をクリックする。
   ここではSYSTEMユーザを指定

図13:DBAロール保持ユーザ指定画面

 12) Spotlight関連オブジェクト作成先ユーザを指定し、『Next』をクリックする。
   例ではSpotlight専用のDBユーザを作成している

図14:利用ユーザ指定画面

 13) 新規ユーザ作成画面が表示されたら、新規DBユーザの情報を入力し、『Next』をクリックする。
   ※チェックボックスのチェックは外さない
      User name     :作成するDBユーザ名を指定
      Password      :作成するDBユーザのパスワードを指定
      Confirm password  :再度作成するDBユーザのパスワードを指定
   例では spotlight ユーザを作成している。

図15:作成ユーザ情報入力画面

 14) 利用するデフォルト表領域、一時表領域を指定し、『Next』をクリックする。
   例ではデフォルト表領域をUSERS、一時表領域をTEMPとして指定している

図16:表領域情報入力画面

 15) 下記画面が表示されたら、チェックボックスにチェックが入っていることを確認し、
   『Next』をクリックする。

図17:予測診断用オブジェクト作成確認画面

 16) 下記画面が表示されたら、チェックボックスにチェックが入っていることを確認し、
   『Next』をクリックする。

図18:予測診断用サンプルデータインストール確認画面

 17) 情報収集間隔設定画面が表示されたら、値が入っていることを確認し、
   『Next』をクリックする。
   評価利用のため、値設定はデフォルトとしている。

図19:モニタリング間隔設定画面

 18) 下記画面が表示されたら『Next』をクリックする。
   Finished画面が表示されたら、『Launch “定義名” after closing』を選択し、『Finish』をクリックする。

図20:オブジェクトインストール確認画面
図21:Finished画面

その後、Spotlight監視トップ画面が起動する。

以上でSpotlight on Oracleセットアップ手順は完了です。
Spotlight on Oracle内のアイコンや項目を選択し、可視化されたDB稼働状況をご確認ください。

Spotlight on Oracleを利用される場合、次のTipsもございます。
 – Spotlight on OracleでMySQLを監視する手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら