KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】実データに即したデータを生成できるData Generate手順

■概要
 Toadでは、テーブルデータを柔軟に生成するData Generate機能があります。
 Data Generate機能を使うと、データ生成をさせたいテーブルの列単位でどのようなデータを生成させるかを
 指定することが可能です。
 通常、大量のテーブルデータを生成する場合、T-SQLを用いてデータ生成用プログラムを作成することが一般的です。
 ただし、ある程度T-SQLに習熟していないと、登録データのコントロールもままなりません。
 そのような時にToadのData Generate機能を使うと、専用画面で選択や簡単なデータ入力を行うだけで、
 誰でも簡単にテーブルへ様々なデータを好きなだけ投入することができます。
 Data Generate機能を利用して、テストデータ生成にかける工数削減を図ってください。

■利用可能エディション
 Toad for SQL Server Professional Edtion
 Toad for SQL Server Xpert Edition
 Toad for SQL Server Developer Editoin

■データ生成手順
 1) デスクトップ上の『Toad for SQL Server』アイコンをダブルクリックしToad for SQL Serverを起動する。

図1:Toad for SQL Serverアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックすると、
   Toad for SQL Serverトップ画面が表示される。
    必要な情報
     - Server name
     - Authentication
     - Database

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for SQL Serverトップ画面

 3) Toadトップ画面が表示されたら、メニューから[Tools] – [Data Generator]をクリックする。

図4:Data Generator起動

 4) Getting Started画面が表示されたら、『Create a new project』をクリック(①)する。
   Add a Database画面では、データを生成したいテーブルが格納されているデータベースを指定(②)する。
   例ではcosolというデータベース名を指定している。
   指定完了後、『OK』をクリック(③)する。

図5:Getting Started画面

 5) Data Generate画面が表示されたら、まずはデータ生成を行いたいテーブルを選択(①)する。
   例ではdbo.test02テーブルのみを選択しているが、複数テーブル選択も可能
   次に”Number of rows to generate”箇所(②)で生成したいレコード件数を入力する。
   例では1000レコードを入力している。

図6:Data Generate画面

 6-1) 次に選択したテーブルの列毎の入力値を選択する(int型の例)。
    入力値を設定したい列を選択(①)し、右に表示される”Populate with *1″で設定値を選択(②)する。
    選択が完了したら、Preview of generated data first 1000 rowsを確認(③)する。
    入力値に問題が無ければ、次の列を指定する。
    例ではid(int型)を選択し、[Populate with]では”AutoIncrement”を指定している。

図7:int型データ入力

 6-2) テーブル情報が表示されたら、列毎の入力値を選択する(CHAR型の例)。
    入力値を設定したい列を選択(①)し、右に表示される”Populate with *1″で設定値を選択(②)する。
    選択が完了したら、Preview of generated data first 1000 rowsを確認(③)する。
    入力値に問題が無ければ、次の列を指定する。
    例ではname(char型)を選択し、[Populate with]では”FullName”を指定している。

図8:char型データ入力

 6-1, 6-2の手順をすべての列に対して実行する。
 実行が完了したら、『Generate Data』をクリック(④)する。

 7) Generate Test Data画面が表示されたら、データの生成方法を指定し、『Generate 』をクリック(①)する。
     As a script(show script in editor) :登録用スクリプトを生成
     Directly into database(Execute now) :直接該当テーブルに登録
   例では”Directly into database”を指定している。
   ②の緑バーが右端まで達したら、Data Generate完了。

図9:Data Generation

Data Generater手順は以上です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら