株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】ライセンスキー変更手順

■概要
 Toadではライセンスキーで利用できる機能を制御しています。
 利用しているEditionより上位のEditionで提供する機能を利用したい場合、上位Editionライセンスを再度購入いただく必要があります。
 ただし、製品自体はアンインストールせずともライセンスキーの入替のみで上位Editionを利用可能です。

■利用可能エディション
 全エディションで利用可能

■変更手順
 1) デスクトップ上の『Toad for SQL Server』アイコンをダブルクリックしToad for SQL Serverを起動する。

図1:Toad for SQL Serverアイコン

 2) Toad for SQL Server起動後に以下のメッセージが表示された場合、ライセンスが切れているため、
  更新版ライセンスキーの登録が必要となる。
  『Manage Licenses』ボタンをクリックし、ライセンスキー管理画面へ遷移する。

図2:ライセンス期限切れメッセージ

 3) ライセンスキー管理画面が表示されたら、送られてきたライセンスキー情報に記載のLicense key(①)、Site Message(②)を入力する。
  情報入力後、メッセージが表示されたら『OK』をクリックする。

図3:ライセンスキー管理画面
図4:注意メッセージ

 4) ライセンスキー管理画面で”Days left”の日数が設定されていることを確認後(①)、『Close』をクリックする。
  『Close』をクリックすると、Toad for SQL Serverが再起動される。

図5:ライセンスキー更新後のライセンスキー管理画面

SQL Server版のライセンスキー変更手順は以上です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら