KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順

■概要
 SQL Optimizerは、SQL文を簡単操作で自動チューニングする機能です。
 SQL Optimizerでは実行計画を変化させることで性能改善を図ることを目的としており、実行計画を変化させるためのSQLチューニングを行います。

■利用可能エディション
 Toad for SQL Server Xpert Edition
 Toad for SQL Server Developer Edition

■利用手順
 1) スタートメニューの検索バーに『Quest SQL Optimizer for SQL』と入力し、Quest SQL Optimizer for SQL Serverを起動する。

図1:スタートメニューからの起動

 2) SQL Optimizer for SQL Serverが起動したら、『SQL Rewrite』をクリックする。

図2:SQL Optimizer起動画面

 3) Optimize SQL画面が表示されたら、エディタ領域にチューニングしたいSQL文をペーストする。
   SQL文をペースト後、『Auto Optimize』ボタンをクリックする。

図3:SQL Optimizer画面

 4) 接続情報画面が表示されたら下記情報を入力し、『OK』をクリックする。
   - Connection
   - Database
   - Set user

図4:DB接続情報画面

 5) usage and symptomが表示されたら、まずは下記の注意を確認する。
   注意に記載の事項が問題なければ何もせずに『Start Auto Optimize』をクリックする。

図5:usage and symptom画面

 6) Auto Optimize SQL実行画面が表示され、SQLチューニングが開始される。
   チューニングが完了し、最適なSQLが表示されたら、『Compare』をクリックし、オリジナルSQLと最適SQLのSQL文、実行計画を比較する。

図6:SQL Optimizer実行結果画面

以上でSQLチューニングが完了です。
チューニングされたSQL文をオリジナルSQLと差替えることで性能が向上します。

本機能は以下の用途で活用できます。
 - SQLチューニングの仕方が分からない方向け
 - SQLチューニングの工数を削減したい方
 - SQL文の性能品質が求められるシーン
 - 開発者側のSQL性能品質を均一化したい

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら