株式会社コーソル

コーソルDatabaseエンジニアのブログ

技術ブログ

Delphixのレプリケーション機能とシステム構成のパターン

渡部です。 Delphixはソースデータベースからデータを収集して、開発やテスト用途で使用するサーバに複製データベースを構成するソフトウェアですが、ソースデータベースサーバと開発やテスト用途で使用するサーバは異なるネットワークに存在する場合が多いでしょう。 セキュリティなどの理由でネットワークを分割しているケースや、本番運用と開発が全く別の組織で実施されているケースなどです。

この場合に有効な機能がレプリケーションです。 複数のDelphix Engineをセットアップし、あるDelphix Engineで管理されるデータを、別のDelphix Engineに複製することができます。

Delphixのレプリケーション機能とシステム構成のパターン

意外と珍しいと思うのですが、Delphixではレプリケーション機能を使用するために追加のライセンスコストは必要ありません(少なくとも2019年4月時点では)。

レプリケーションを活用することで、取りうるシステム構成がかなり柔軟になります。

レプリケーションを使用しないシステム構成は以下のようなシンプルなものですが、

シンプルな構成

本番環境と開発環境が別々のネットワークにあるような構成も可能です。なお、機密データ管理におけるポイントはマスキング用の複製データベースを本番環境側に配置し、マスキングしたデータを開発環境にレプリケーションすることです。これにより、開発環境に機密データが漏洩する事態を避けることができます。

Exadata活用 / 本番+開発

現在弊社が支援させていただいているお客様の多くがExadata環境であることもあり、 Exadataを前提とした記載になっていますが、Smart ScanなどのExadataの機能をフルに活用するテストを実行したい場合は、 Virtual to Physicalが有効です。Virtual to Physical機能を使って、Exadata上に複製データベースの構成ファイルを配置すると、実性能に近い環境で性能テストを実施することができます。

開発環境をクラウド上に構成することも可能です。

開発環境へのクラウド活用

Delphixは稼働環境としてAWS、Azureをサポートしており、ベアメタル+ESXi対応クラウドであれば論理的には動作可能なはずですので、比較的多くのクラウドプラットフォームを開発環境として利用できることが見込めます。

[宣伝] アジャイル開発向けデータベース環境構築サービス(Delphix導入サービス)とDelphix説明資料のご紹介

コーソルでは、Delphix(正式名称: Delphix Dynamic Data Platform)を用いた Oracle Databaseを用いたエンタープライズシステムのアプリケーション開発生産性を 高める仕組みを提供するソリューションを提供しています。

また、上記ページからは以下の資料がダウンロード可能です(要フォーム入力)。

  • Delphix説明資料
  • Delphix Maskingマスキングアルゴリズム概説
  • Delphixの内部動作とそれを構成する基盤技術

Delphix記事一覧

プロフィール

On7tWW6m1Ul4

渡部 亮太

・Oracle ACE
・AWS Certified Solutions Architect - Associate
・ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

68LD3LWce1j8

守田 典男

・新しもの好きな Oracle Fighter。
・保有資格 : ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

カテゴリー

アーカイブ