株式会社コーソル

コーソルDatabaseエンジニアのブログ

技術ブログ

Dbvisit Standbyのアーキクチャと管理コンソール操作

Dbvisit Standbyのアーキクチャと管理コンソール操作

渡部です。Dbvisit Standbyのアーキテクチャと、Dbvisitの「大きなウリ」である、簡単操作を実現するWeb管理コンソールについて説明します。

Dbvisit Standbyとは

災害対策(Distaster Recover, DR)を目的に、Oracle Database → Oracle Databaseの物理レプリケーションを実現する製品です。遠隔地に、物理的に全く同一のデータベースのコピーを作成できます。

Dbvisit Standbyとは

コーソルでは、以下のような点でお困りのお客様にDbvisit Standbyをお勧めしています。

  • Oracle Database Standard EditionでData Guard相当の機能を実現したい
  • YDC社 Standby Expressの後継製品を探している
  • カスタムスクリプトで実装した基本スタンバイを止めたい

物理レプリケーション - Dbvisit Standbyの基盤技術

Dbvisit Standbyは、物理レプリケーションという技術を用いて、遠隔地に、物理的に全く同一のデータベースのコピーを作成することで、データベースの災害対策(Distaster Recover, DR)を実現する製品です。

Dbvisit Standbyの基盤技術は、物理レプリケーションです。物理レプリケーションを基礎とするOracleのソリューションとして最も広く知られているのは、Oracle Data Guardです。

Dbvisit StandbyとOracle Data Guardの比較

Dbvisit StandbyとOracle Data Guardを比較した図を以下に示します。

Dbvisit StandbyとOracle Data Guardの比較

Oracle Data GuardはリアルタイムにREDOデータ(変更データ)をネットワーク転送するため、更新ロスが発生しにくいのが特徴です。非常に優れた製品ですが、Oracle Database Enterprise Editionでしか使用できません。

Oracle Database Standard Edition 2でOracle Data Guardを使用できませんので、代替として、Dbvisit Standbyの使用をオススメしています。

なぜ手組みの基本スタンバイではダメなのか?

基本スタンバイという技術は、カスタムスクリプト(手組みのスクリプト)を作成すると利用できます。しかし、運用が極めて煩雑になるため、Dbvisit Standbyなどの支援ツールを使用することが一般的です。

データベースの災害対策という目的からも、信頼できる方法を使用することを強くお勧めします。

以下も参考にしてくださいませ。

Dbvisitとカスタムスクリプトによる基本スタンバイ管理・運用の比較

Oracle Database Standard Editionの拠点災害対策ソリューションとは (基本スタンバイとDbvisit)

Oracle Database基本スタンバイの各種手順(スタンバイDB構築、ログ転送→適用、スイッチオーバー、フェイルオーバー)

YDC社 Standby Expressとの関係は?

Dbvisit StandbyとYDC社 Standby Expressが基礎とする技術は同じです。基本スタンバイ(物理レプリケーションです。

stdbyexprs_to_dbvisit01.png

Standby Expressが2019年12月に販売を終了することから、 Standby Expressの代替製品としてDbvisit Standbyがお役に立てる状況が増えるのではと考えています。

以下も参考にしてくださいませ。

スタンバイDBを再作成せずにStandby ExpressからDbvisit Standbyへ変更する方法

サポートするOracle Databaseのバージョンと構成

ほぼすべてのOracle Databaseのバージョンをサポートしています。

また、RAC、ASM、OFS、マルチテナント、HA構成など多くの構成をサポートしています。

Dbvisitのプロセスアーキテクチャ

Dbvisitのアーキテクチャを以下に示します。

Dbvisitを構成するプログラム - Dbvctl, Dbvnet, Dbvagent, Dbvserver

Dbvisitは複数のプログラムが連携して動作します。 Dbvnetはサーバ間のDbvisit用の通信を担い、サーバ間のファイル転送、リモートコマンド実行という機能を持ちます。

DbvserverはWebサーバの機能を持ち、Web管理コンソール機能を提供します。また、実行された操作に従い、Dbvagentに処理リクエストを送信します。処理リクエストを受けたDbvagentは対応する処理を実行します。

図に示したように、DbvserverはDBサーバとは別のサーバに導入するのが望ましい構成です。 ただし、別のサーバを用意することが難しい場合はDBサーバに導入することも可能です。この場合、スタンバイDBサーバにDbvserverを導入します。これは、プライマリDBサーバに障害が発生した場合のフェイルオーバーをWeb管理コンソールから実行可能にするためです。

また、Web管理コンソール機能を使用しない場合は、DbvserverおよびDbvagentを導入しないことも可能です。

Dbvisitの管理コンソール

Dbvisitの管理コンソールで実行可能な操作

以下にDbvisitの管理コンソールのTOP画面と、実行可能な操作を示します。

なお、以下に示しているのはDbvisitバージョン8の画面で、最新版のバージョン9では日本語化(多言語化)されています。

  • MANAGE HOSTS
  • MANAGE CONFIGURATIONS
  • CREATE STANDBY DATABASE
  • MANAGE USERS
  • UPDATE STANDBY LICENCE
  • DATABASE ACTIONS
  • SYNCHRONIZE STANDBY
  • PERFORM GRACEFUL SWITCHOVER
  • ACTIVATE STANDBY DATABASE
  • ACCESS REPORTING

典型的な使用開始フロー

Dbvisitをインストールし、管理コンソールを使用可能になったら、以下の作業を実行するだけでスタンバイデータベースを作成できます。

スタンバイデータベースの作成画面は以下です。

非常に簡単です。:-)

なぜコーソルからDbvisit Standbyを購入すべきなのか

コーソルはDbvisit Standbyの一次代理店で、Dbvisit Standbyの製品販売を行います。

コーソルのDbvisit Standby販売など

コーソルからDbvisit Standbyを購入いただけると、ORACLE MASTER Platinum 単年取得者数7年連続No.1(2014年度-2020年度)、12名のエンジニアが認定資格Dbvisit Standby Certified Associate取得という指標に裏付けされた高いOracle DatabaseとDbvisit Standbyの技術力により、安心して製品を導入いただけます。また、導入後も製品サポートをご提供いたします。

Dbvisit Standbyと併せて使用される、Oracle Databaseについても製品販売、製品サポート、製品の導入を行います。また、リモート回線経由でスポット的なDBA実務を行うリモートDBAサービス、コンサルティングやベンダコントロールを含めたOracle Databaseプロフェッショナルサービスを時間制で提供する時間制DBAサービスも提供しています。

コーソルのDbvisit Standby/Oracle Databaseサービス

コーソルでは、Dbvisit Standbyの販売および設計、導入、製品サポートを行っています。Dbvisit Standbyをご検討の際はぜひコーソルにお声がけください。

コーソルのDbvisitサービス

プロフィール

On7tWW6m1Ul4

渡部 亮太

・Oracle ACE
・AWS Certified Solutions Architect - Associate
・ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

68LD3LWce1j8

守田 典男

・新しもの好きな Oracle Fighter。
・保有資格 : ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g, 12c 他多数

カテゴリー

アーカイブ