株式会社コーソル

KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【SQL Server版】Spotlight導入要件

■概要
 本書では、SQL Server on Spotlight Enterprise(以下、Spotlight)導入にあたっての各コンポーネント導入要件を
 記載しています。
 導入要件の確認が必要となるSpotlightのコンポーネントは以下です。

   Spotlight Client
     Spotlightデータを表示するコンポーネントです。
     SQL Serverの稼働状態を表示させたい端末に導入します。
   Spotlight Diagnostic Server
     Spotlightデータを収集するコンポーネントです。
     常に起動しているホストへ導入することが推奨です。
   Playback Database
     SQL Serverインスタンス内に作成する直近のデータを蓄積するデータベースです。
     Playback Databaseを構成することで、過去データの参照が可能となります。
     デフォルトのデータ保持期間は7日間です。
   Spotlight Statistics Repository
     SQL Serverインスタンス内に作成する長期保存用にデータを蓄積するデータベースです。
     Statistics Repositoryを構成することで、Spotlightのレポーティング機能が利用可能となります。
     デフォルトでは無効になっています。
     有効にした場合のデフォルトのデータ保持期間は30日間です。

 本内容は各バージョンのリリースノートに記載の要件を転記したものです。
 本内容はSpotlight Enterprise 13.2.1の情報です。

 リリースノートは下記2つの手順で確認ができます。

 スタンドアロン起動可能help viewer
   1) 技術文書ページにアクセスする。
     https://support.quest.com/ja-jp/technical-documents
   2) ページ中ほどの【 製品を選択して技術文書の一覧を表示する 】欄に Spotlight Enterprise と入力する。
    その後、入力欄右の【右三角】をクリックする。
   3) 技術文書が表示されたら、 view.exe をクリックし、最新バージョンのドキュメントをダウンロードする。
    ※Spotlight Enterprise最新版ドキュメントは英語版、かつダウンロード形式のみです。
   4) ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックすると、Spotlight Enterpriseのマニュアルが参照できる。

 WEBブラウザベースhelp
   1) Spotlight Enterpriseページにアクセスする。
     http://help.spotlightessentials.com/
   2) 画面中央左上の New features – New in this release の『Learn More』をクリックする。
    ※WEBブラウザベースのため、WEBブラウザの翻訳機能が利用可能です。

■利用可能エディション
 Spotlight on SQL Server Enterprise


■Spotlight Client要件
 Spotlight Clientを構成する前に、クライアントシステムが次のハードウェアおよびソフトウェアの最小要件を
 満たしていることを確認してください。

図1:Spotlight Client システム要件



■Spotlight Diagnostic Server要件
 Spotlight Diagnostic Serverを構成する前に、サーバーが次のハードウェアおよびソフトウェアの最小要件を
 満たしていることを確認してください。

図2: Spotlight Diagnostic Server システム要件



■Playback Database要件
 Playback Databaseを構成する前に、サーバーが次のハードウェアおよびソフトウェアの最小要件を満たしていることを
 確認してください。

図3: Playback Database システム要件



■Spotlight Statistics Repository要件
 Spotlight Statistics Repositoryを構成する前に、サーバーが次のハードウェアおよびソフトウェアの最小要件を
 満たしていることを確認してください。

図4:Spotlight Statistics Repository システム要件

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - Spotlight on SQL Serverの構成について
 - Spotlight on SQL Server Enterpriseインストール手順
 - Spotlight on SQL ServerでT-SQLを監視する方法
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer 利用手順
 - 実データに即したデータを生成できるData Generate手順
 - SQL Server Management Studio(SSMS)とToadの連携

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら