KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】移行時のデータ比較工数を削減するスキーマ比較・修正手順

■概要
 ToadのCompare Schemasを使うと、簡単に複数のデータベース内のスキーマオブジェクトを比較し、
 差分の表示、差分修正をすることができます。
 本機能は既存システムから新システムへ移行する際のチェックとして非常に有用です。
 通常、新システムへの移行時間は非常に限られています。
 その限られた時間の中で、スキーマオブジェクトが適切に移行できたか否かをチェックするのは中々に困難です。
 ToadのCompare Schemasを使えば、限られた時間の中で簡単に移行元と移行先のスキーマレベルの差分を検出でき、
 かつ差分の修正までが可能です。
 本機能に加え、データベース比較を行うCompare Databases、テーブルデータ比較を行うCompare Dataを合わせて使うことで、
 システム移行時の差分チェック、検出を短時間、かつ正確に実施できます。
 是非、システム移行の効率化手段として、Toadのデータベース比較、スキーマ比較、データ比較機能を活用ください。

■利用可能エディション
 すべてのエディションで利用可能

■比較・修正手順
 1) デスクトップ上の『Toad for Oracle』アイコンをダブルクリックしToad for Oracleを起動する。

図1:Toad for Oracleアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックすると、
   Toad for Oracleトップ画面が表示される。
    必要な情報
     - DBユーザ名
     - DBユーザパスワード
     - DBへの接続識別子

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for Oracleトップ画面

 3) Toadトップ画面が表示されたら、[Database]-[Compare]-[Schemas]をクリックする。

図4:Compare Schemas起動

 4) Compare Schemas画面が表示されたら、『+』ボタンをクリック(①)して下記入力項目を設定し、『Next』をクリック(⑥)する。
     ②ソースデータベース接続情報(現在Toadを接続しているDBの接続情報がソースとなる)を入力
      ※変更したい場合には『…』ボタンで変更する。
     ③ソースデータベース側のチェックしたいスキーマ名を入力
     ④ターゲットデータベース接続情報を入力
     ⑤ターゲットデータベース側のチェックしたいスキーマ名を入力
   例ではSCOTTスキーマを指定している。

図5:比較対象スキーマ選択画面

 5) Object Types to Compare選択画面が表示されたら、比較したいオブジェクトタイプを指定し、『Run』をクリック(①)する。
   デフォルトでは選択されていないオブジェクトタイプがあるが、比較対象に含めたい場合にはチェックボックスにチェックを入れる。
   例ではデフォルト設定で比較を行っている。

図6:比較対象オブジェクトタイプ選択画面

 6) スキーマ比較が完了すると、比較結果が表示される。
   まずは『Difference Summary』タブをクリック(①)し、サマリ情報を確認する。

図7:Difference Summary画面

 7) 次に『Difference Details』タブをクリック(①)し、比較結果詳細を確認する。
   比較結果は、以下の観点で表示される。
     - ソーススキーマにのみ存在するもの
     - ターゲットスキーマにのみ存在するもの
     - 双方に存在するが内容が異なるもの
   相違箇所をダブルクリックすると、違いを修正するためのSQL文が表示される。
   表示された相違箇所は、ターゲット側に反映する・反映しないの取捨選択を行う。
   ターゲット側に反映しなくてよい相違はチェックボックスのチェックを外していく。

図8:Difference Details画面

 8) 次に『Sync Script』タブをクリック(①)し、選択した相違箇所をターゲット側に反映させるためのSQL文を確認する。
   SQL文を実行する場合には『Send script to Editor』ボタンをクリック(②)し、開いたEditor画面で
   『Execute Script』ボタンをクリック(③)する。
   別手段でSQL文を実行する場合には『Save』ボタンをクリックしてSQL文を保存(④)する。
   保存したSQL文を適宜ソース側環境で実行し、差分修正を実施する。

図9:Sync Script画面

スキーマ比較・修正手順は以上です。

データ移行で本機能を活用される場合、次の確認もできますで合わせてご確認ください。
 - 移行元・移行先のデータベース比較・修正ができるCompare Databases
 - 移行元・移行先のテーブルデータ比較・修正ができるCompare Data
 - テーブルデータの重複検出・修正ができるData Duplicates
 - 誰でも簡単にできるデータポンプエクスポート(expdp)
 - 誰でも簡単にできるデータポンプインポート(impdp)
 - 任意のオブジェクトDDLを簡単に抽出できるExport DDL

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら