KNOWLEDGE

コーソルの技術情報

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle Databaseに関するお役立ち情報を発信しています。
データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

【Oracle版】テーブルデータCSV出力手順

■概要
 他DBへデータ登録するため、テーブルデータをCSV形式で出力させたいシーンはよくあります。
 Toadでは、簡単にテーブルデータをCSV出力させることができます。
 通常、テーブルデータをCSVで取り出す場合、カンマ区切りで結果を表示できるようSELECT文を
 加工して実行しますが、手作業で行うため、かなり時間と手間を要します。
 そんな時にToadを使えば簡単にテーブルデータを任意の区切り文字でファイル出力させることができます。
 また、ファイル出力時に、任意の列データを指定した値へマスキングさせることも可能です。

■利用可能エディション
 すべてのエディションで利用可能

■CSV出力手順
 1) デスクトップ上の『Toad for Oracle』アイコンをダブルクリックしToad for Oracleを起動する。

図1:Toad for Oracleアイコン

 2) DBへの接続画面が表示されたら、DB接続に必要な情報を入力して『Connect』をクリックすると、
   Toad for Oracleトップ画面が表示される。
    必要な情報
     - DBユーザ名
     - DBユーザパスワード
     - DBへの接続識別子

図2:DB接続情報入力画面
図3:Toad for Oracleトップ画面

 3) Toadトップ画面が表示されたら、エディタ領域にCSV出力させたいテーブルデータのSELECT文を記載し、
   『▷』をクリック(①)して実行する。
   例では、DEPT表に対してSELECT文を実行している。
   実行が完了すると結果表示欄に結果が表示される。
   結果が表示されたら、『Export dataset』ボタンをクリック(②)する。

図4:SELECT文実行結果

 4) Export dataset画面が表示されたら、下記入力項目を設定し、『OK』をクリック(⑦)する。
    ①Output File:アウトプットファイル名をフルパスで指定
    ②Cloumns to exclude:アウトプットから除外したい列があればチェック
    ③String Quoting:文字列をシングルクォート(”)、ダブルクォート(“”)で囲いたい場合に指定
    ④Number Quoting:数字をシングルクォート(”)、ダブルクォート(“”)で囲いたい場合に指定
    ⑤Character:区切り文字(カンマ(,)/パイプ(|)/セミコロン(;)/タブ)を指定
    ⑥アウトプットデータをマスキングしたい場合に指定 ※後述のデータマスキングを参照
   これでテーブルデータのCSV出力が完了となる。

図5:Export Dataset画面

 データマスキング
  『Data Masking』ボタンをクリックすると、”Data Masking”画面が表示される。
  ”Data Masking”画面が表示されたら、[Substituted Value]箇所をクリックし、Randomな値、もしくは文字列を手動で入力(①)する。
  入力完了後、『OK』をクリック(②)する。

図6:Data Masking画面

テーブルデータCSV出力手順は以上です。

以下のTipsもあわせてご活用ください。
 - 運用を簡略化するデータベースブラウザ利用手順_概要編
 - 運用を簡略化するデータベースブラウザ利用手順_Overview編
 - 運用を簡略化するデータベースブラウザ利用手順_Database Link編
 - 運用を簡略化するスキーマブラウザ利用手順_テーブル編
 - レポートをグラフ化するStatspackブラウザ利用手順
 - レポートをグラフ化するAWRブラウザ利用手順
 - SQLを自動チューニングできるSQL Optimizer利用手順
 - いつものアラートログをすぐ見れるアラートログビューアー利用手順
 - Spotlight on Oracleセットアップ手順

Toadは30日間、フル機能で無償トライアルも可能です。
Toadに少しでも興味を持っていただけたなら、是非次のページもご参照ください。
 ・トライアルのご依頼はこちら
 ・Spotligh概要ページはこちら
 ・Spotlight on Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Spotlight on SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toad概要ページはこちら
 ・Toad for Oracle機能紹介ページはこちら
 ・Toad for SQL Server機能紹介ページはこちら
 ・Toadの製品紹介資料ダウンロードはこちら